有言実行と不言実行、有言不実行と不言不実行

予想通りといいますか、サッカー日本代表叩きが始まりましたね。
誰が悪いというわけではありませんが、大会前に「優勝」というキーワードを使ってしまっただけに反動は大きいのでしょう。

microphone-162167_640

長友選手や内田選手のインタビューが痛々しすぎて見ていられませんでしたが、有言実行と不言実行、有言不実行と不言不実行について、いろいろと考えさせられたので今日のテーマとして取り上げたいと思います。


スポンサードリンク




あなたはどっちのタイプですか?

本田選手をはじめ、何人かの選手がワールドカップの目標に「優勝」を掲げて口にしていました。
しかし、蓋を開けてみたら予選敗退という惨憺たる結果。

期待の裏返しなのかスポーツ新聞各紙の一面は本田叩き一色で凄いことになっていますよね。


サッカー好きを公言している私ですが、今回の日本代表の惨敗を攻めるつもりは全くありません。
優勝を公言していた本田選手や長友選手、遠藤選手をホラ吹きとも思いません。

しかし、叩かれるのはある意味仕方がないとも思います。
(戦犯探しみたいなのはくだらないと思いますが…)


マスコミだけじゃなく、ツイッターなどでも賛否両論が凄いことになっていますが、では、そういうあなたは有言実行タイプですか?不言実行タイプですか?

これって、ビジネスの世界や会社という組織においても当てはまることで、とても重要なことだと思います。

有言実行と不言実行はどちらがいい?

では、有言実行と不言実行はどちらがいいのでしょうか?

私が往々にして感じるのは、日本人の気質として「不言実行」が美徳とされている気がします。

少しでも大きいことを口にしようものなら「あいつは生意気だ」みたいな反発を生みますし、「出る杭は打たれる」という言葉もある通り、「有言実行タイプ」は何かと目をつけられます。

そして、しょうがないことではありますが、発言内容に結果が伴わなければ「ビッグマウス」とか「ホラ吹き」と有言不実行なことを叩かれることになりますよね。


では、不言実行タイプがいいのでしょうか?

もちろん悪いとは言いませんが、組織には引っ張っていくリーダーというものが必要ですし、何がみんなを引っ張るかといえばスローガンや言葉です!


ちょっと、サッカーの話に戻しますね。

確かに今回のブラジルワールドカップで日本代表が「世界一」を目標に掲げたのは無謀だったかもしれませんが、では、誰も言わないとすればどうなんでしょうか?

「予選突破できれば御の字だよ」
「ベスト8に残れれば(本戦で1勝出来れば)大したものだ」

こんなふうであれば、最高の結果は優勝ではなく「予選突破」や「ベスト8」
日本代表は永遠と優勝に近づくことはないと思います。


さて、話を戻しますが、有言実行と不言実行のどちらがいいのでしょうか?

結論を言えば、どちらでもいいと思います。

「なんだよそれ!?」って思う人もいるかもしれませんが、大切なのはこの先。

どちらでもいいと思いますが、「有言実行タイプが不言実行タイプに心にもないことを言わせようとしたり強要すること、不言実行タイプが有言実行タイプの発言をバカにしたり、敬遠しないこと」こういうことをしないことが条件です。


営業会社で、どう考えてもその個人の能力を超えた目標を無理やり掲げさせて、「今月こそ達成します!」というような宣言をさせたりってありがちですよね。

実績十分でイケイケのトップセールスマンが「この次のコンテストは、この営業所で全国トップをとろう!」と言う発言を聞いて「無理に決まってるじゃん」とやる前から冷めている人っていませんか。

組織はあなただけのものではありませんので、価値観の違う人間同士の集まりだということを認識することが大切です。

有言不実行より最悪な不言不実行

ここからは耳の痛い話をします。

一番最悪なのは不言不実行。
波風を立てることや、実行できないときの非難などを恐れて黙っているし、やらない…

あなたの周りにもこういう人って沢山いませんか?
(あなた自身がそうでないことを祈りますが…)

そんな卑怯者であれば、少々ビッグマウスの人の方がまだマシです。
但し、最初からやる気もないのに言うことだけはデカいホラ吹きは別ですが…


本日のまとめ

長友選手のブログにこんなことが書いてありました。

「どんな非難も受け入れます」 

そして、一夜明けたインタビューでは、人目をはばからず涙していましたよね。

「ああ、本気だったんだな」って私は感じました。


厳しい言葉で言えば「有言不実行」なわけですが、別にいいじゃないですか。

本気で「優勝」と思って本気で頑張ったなら。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ