サッカー日本代表の予選敗退から考える

stadium-77878_640

昨日2014ブラジルワールドカップ予選において、日本代表がコロンビアに敗れて予選敗退が決定しました。

今日はそんな日本代表のサッカーを観ていて考えさせられたことを送りします。


スポンサードリンク




基本の大切さ

よくサッカーの試合前に監督のインタビューってあるじゃないですか。

もちろん日本代表監督のインタビューもあれば、対戦相手の監督のインタビューもありますが、どちらにしても違和感を感じていたことがあったんですよね。

それは、「日本は技術がある」という発言。

これは今回のワールドカップに限ったことではありませんが、蹴る(パス)、止める(トラップ)などの基本のどれをとっても世界と比較して明らかに上回っているものがないと思うんです。

どう見ても、不用意なパスミスとか多いですからね。


では、このことを仕事に置き換えて考えてみると、蹴る、止めるというのは、話す、聞くという営業の基本中の基本に当てはまります。

ところが、営業のプロでありながら、ここに拘っている人ってどれだけいるんでしょうか?
サッカーと同じで、商談のやり取りの中で、明らかにパスミスしている人って多いですよ…


次に「スピーディーだ」という発言。

確かに全体的に修敏なのかもしれませんが、オランダ代表のロッベンのスピードと比べたらどうでしょうか?
ちょこまかと動き回るというイメージはありますが、試合を決定づけるような意味でのスピードには欠けると思います。


では、あなたはビジネスマンとしてスピードには自信がありますか?
また、そのスピードが業績に直結しているでしょうか?

決定力

次に感じたのは決定力のなさでした。

オランダのファンぺルシーやロッベン、ブラジルのネイマール、ウルグアイのスアレス etc
「やっぱり決めるべき人が決めるよな~」ってみんな思ったんじゃないですか?

もちろん、日本も本田と岡崎が得点しましたが、それにしてもシュートの本数の割に点が入らない。
というか、シュートが枠に飛ぶ確率も低いと思います。


もしかしたら、私が何を言うか予想がついている人もいるかもしれませんね(笑
そうです、サッカーの決定力は我々営業マンの世界に置き換えるとクロージングです!

どんなにきれいにパスを繋いでもシュートを外したら意味がないように、いい感じで商談を進めてきても契約が決まらなければどうにもなりません。

営業マンたるものメッシのようなストライカーになりたいものですね。

組織

ここからは私の予想の話になりますので、もしかしたら違うかもしれませんが思ったことを書きます。

ザックジャパンって本当のところはどうだったんでしょうか?

例えば、ギリシャ戦とコロンビア戦の間に突如練習を中止しましたし、「ザック監督はは本田選手やごく一部の選手としか話をしない(意見を聞かない)」などという不満がチーム内にあるという話も噂されています。

もちろん、各チームの第一線をはっている選手は個性や主張が強いでしょうから、何もない方が不思議かもしれませんが、それにしても「仲良しチームのようにみえるけど、実際は違うんじゃないか?」という懸念を感じました。


では、ビジネスの世界における組織について考えてみましょう。

営業マンの中には本田選手じゃないですが「個だろ!個!!」みたいに思っている人も多いと思います。
確かに11人で商談するわけじゃないですからね。個といえば個かもしれません。

しかし、1本の契約をとるまでには、アポインターや内勤スタッフなど数多くのバックアップがあることを忘れてはなりません。

「営業部門と生産部門の対立」こんな問題を抱えている会社も沢山ありますしね。

私の経験から言えば、組織として盛り上がっていたり、ムードがいいときの方がその組織に所属する営業マンの個の力も発揮されると思います。


同じ組織に所属するということは、同じ船に乗っている運命共同体ですからね。

船長が「北へ向かうぞ!」って言っているのに、「俺は北には行きたくない」って南に向かってオールを漕ぐ乗組員がいたら…

ね、組織なんて簡単にめちゃくちゃになりますよ。


本日のまとめ

今日はサッカー日本代表の予選敗退から考えるというテーマでお送りしました。

誤解頂きたくないのは、日本代表の悪口ではありません。
サッカー日本代表を愛しているからこそ、ほとんどビジネスの話題ばかりの当ブログでテーマとして使わせて頂きました。


最後にもひとつだけ。

サッカー日本代表の試合がある度に日本中が一喜一憂しますよね。
私はそれと同じようにビジネスマンは自分の仕事にも一喜一憂してもらいたいと思います。

「え、でも国をかけているサッカーとは違いますよ」
こう思う人もいるかもしれませんが、あなたも奥さんや子供、自分の人生をかけてビジネスというフィールドで毎日戦っているわけです。

そう考えたら、毎日ただただルーチンを繰り返すよな仕事は出来ないと思いませんか?


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ