ミスした人にかけてはいけない言葉

932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s

ニコニコニュースで、『仕事でミスをして落ち込んでいるとき、さらに追い打ちをかける言葉1位「落ち込むのはいいけれど、どうすんの?」』という記事を見つけたのでご紹介します。


スポンサードリンク




上記記事の中に言ってはいけない言葉のベスト5が載っていました。(以下引用)

1位 「落ち込むのはいいけれど、どうすんの?」 23.3%
2位 「あ~あ。これだから〇〇は嫌なんだよな」 23.0%
3位 「今の仕事、向いていないんじゃないの?」 22.7%
4位 「泣けば済むと思っているわけ?」 21.2%
5位 「やる気がないなら帰れ!」 19.4%

出典:仕事でミスをして落ち込んでいるとき、さらに追い打ちをかける言葉1位「落ち込むのはいいけれど、どうすんの?」 | ニコニコニュース


「うわ!これは言っちゃいけなかったんだ」というマネージャーや「あっ!これ言われたことあるな~」って思った人も多いのではないでしょうか?

熱血スポ根は流行らない

私が好きなドラマに「スクールウォーズ」というドラマがあります。

このドラマは、不良だらけの伏見工業に赴任した元日本代表のラガーマン山口先生が、たった7年で同校を全国優勝に導いた実話をもとに作られた典型的なスポ根ものです。

TVドラマはかなりわざとらしく演出されていましたが、それでも心を熱くして観たものでした。


そして、いいか悪いかは別として、実社会でもそういう傾向がありました。
「悔しかったら這い上がって来い」みたいなね(笑 

でも、今のご時世では流行らないようです。


縦の関係より横の繋がりを求ている

話は変わりますが、最近の子供は大人を怖いと思っていないし、最近の部下は上司を怖がっていないような気がします。

私の場合は、親や大人ってどこか怖いというか、踏み込んではいけない一線を感じていましたし、先輩や上司もそうでした。だからこそ、親や大人たちに対して尊敬と反抗心の両方を持っていて、「早く大人になりたい」みたいに思っていました。


でも、今の子供って反抗期が無い子が多いらしいじゃないですか?
年頃の子供が親と仲良く街に出て買い物をしている…

仲がいいのはいいことだと思いますが、ちょっと違和感を感じてしまうのは、親子関係ではなく「友人関係」に近い気がするんですよね。

ファミレスとかで、親にタメ口をきいている子供とそれをニコニコして注意しない親とかを見かけると「ちょっと違うんじゃないかな…」みたいなね。


でも、こんなふうに育てられてきた子供たちが大きくなって社会に出るわけですから、縦の関係を経験していないわけです。ですから、本人は何の悪気もないのですが、上司に対しても横のつながりを自然と求めてしまうのではないでしょうか。


パワハラはいけないけれど…

そろそろ記事の内容にもどります。

上記の記事は「仕事でミスをして落ち込んでいる」ということが前提となっていますので、「確かにその物言いは酷いよな」って思います。

特に「あ~あ。これだから〇〇は嫌なんだよな」的な言葉を女性に向かって言うのは良くないと思います。(その人ではなく、性別で判断しているので)


ただ、ランキング1位の「落ち込むのはいいけれど、どうすんの?」のような言葉の場合は、その言葉を発した人の気持ちや言い方にもよりますよね。

愛情があって言っている場合と単にイラッとして発した場合では、同じ言葉でも大きく意味が違いますので。


もちろん人の上に立つマネージャーは、部下にかける言葉には細心の注意を払わなければなりませんが、受け取る側の人間もその言葉の真意を考えてみる必要があるのではないでしょうか。

誰だって他人に嫌われる可能性がある言葉を発したくないわけですから…


本日のまとめ

本日は、ミスした人にかけてはいけない言葉というテーマでお送りしました。

最後にちょっと違う角度から。

私はハッキリした物言いをする人間ですので、過去を振り返ってみると味方だけでなく敵も多かった気がします。
「うわっ、きっついなぁ~」って思ったことも沢山ありますよ。

でも、一番怖いのは本当は腹の中に抱えていることがあるのに言わない人間です。
いろいろ経験する中で、厳しい言葉でも「ハッキリ言ってくれる人はありがたい存在だな」って思えるようになりました。
特に、年齢を重ねれば重ねるほど自分に対して本音でなんでも言ってくれる人って少なくなりますからね。


あとは他人の言うことを気にしすぎたらしんどくてやってられなくなりますよ(笑

「よくよく話してみたらいい人だった」ってことあるじゃないですか?
職場の人間は、あなたの会社人としての一面しか見ていないで発言していますので、本当のあなたが見えているわけではありません。

育ちも価値観も違う人間が沢山集まっているのですから、自分としては何の問題もないことが他人には許せないってこともありますしね。


なんかまとまりがなくなってきましたが、思ったことを書いてみました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ