飛び込み営業のコツを金で買った話 【訪問販売物語6】

あまり深く考えずに訪問販売の会社に入社して、早いもので1週間が経とうとしていました。

タコ(契約ゼロ)の日は無いもののトップセールスマンのようには売れません。
そこで、私はある決断をしました。

その決断とは「飛び込み営業のコツを金で買う」というもの。

どうしてそんなことになったのかお話しします!


スポンサードリンク




飛込みのコツを教えてもらえない

買う
入社2日目以降、毎日1本は契約を取り続けていますので首になる心配はありません。
しかし、1日1契約では全然稼げないんですね。

トップセールスは1日3契約は当たり前。
調子のいい日は5契約以上取るのですからレベルが違います。

「同じ時間、同じ商品を持ち歩いて何故こんなに差が出るんだろう…」
自分の営業力の無さになさけない気持ちになりました。

ただ、トップセールスと私の違いをいくら考えても思いつかないんですよね。
そこで、私は一番年齢がが近いSさんにターゲットを絞り質問しました。

「いや~、そんな特別なことなんてないよ~(笑」
嫌な顔こそしませんが、うまくはぐらかされている感じです。
(さすがトップセールス)

全然教えてくれないので、盗み聞ぎしようと仕事中に黙って尾行したこともありますが、物陰から聞いていても声はあまり聞こえません。(Sさん声が小さいんです)

お金を払って教えを乞う

そこで、私はターゲットを変えました。

私よりもかなり年上で面倒臭そうなので、出来れば関わりたく無かったのですが、もう一人のトップセールスのHさんに思い切って同じ質問をしたんです。

「Hさんのように売れるようになりたいので教えてもらえませんか?」
すると、全く予想外の驚くような答えが返ってきました。

「何でお前にただで教えなきゃいけないんだよ?どうしても教えて欲しければキャバクラを奢れ!そうしたら考えてやるから。」

「はぁ???」と思いましたが、私の覚悟や本気度を試されているような気がして引っ込みがつかなくなり、「判りました!じゃあ、今日お願いします!!」と言ってしまいました。

ちなみに、これが人生初のキャバクラ体験です(笑
結局ほとんどがドンチャン騒ぎで、その場ではあまり教えてくれなかったんですが(汗

ただ、この一件がきっかけで仲良くなり現場で少しずつ教えてもらえるようになったのです。

事実上、私は飛び込み営業のコツを金で買ってしまったのです…
(今後の記事で教えてもらったことをご紹介する予定です)

今は時代が違います。

充実したマニュアルや研修が用意されていたり、親切な先輩がいろいろ教えてくれると思いますが、当たり前と思わず感謝して取り組みたいものですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ