ワールドカップ初戦を観てビジネスマンとして思うこと

parrot-325699_640

今日から2014FIFAブラジルワールドカップが始まりましたね。
開幕戦からブラジルvsクロアチアという好カードだったので、出勤前に早起きして観た人も多いのではないでしょうか。
今日は、そんなブラジル戦を観てふと思ったことを雑記的に書きます。


スポンサードリンク




ブラジル代表でも緊張するんだ

これは個人的な見解かもしれませんが、前半はブラジル代表が固かった気がしました。

サッカー王国と呼ばれ、サンバの血が流れている陽気なブラジル人もワールドカップの大舞台では緊張するものなんですね。

ビジネスマンにも「私は緊張しちゃうたちで…」って言う人いますけど、こういうのを観ていても緊張しない人なんていないし、して当たり前だと思います。
緊張というのは「やってやる」というやる気の裏返し。やる気がなければ緊張なんてしないと思いますので。


決めるべき人はやっぱり決める

私はFCバルセロナが好きですので、普段から応援しているネイマールが初戦でどのくらいのパフォーマンスを見せられるか注目していました。

結果としては、PKを含む2得点!!
こう言う大事なときに結果を出せる人間って本当に尊敬します。

営業マンでも、月初や月末に強い人、ここぞというときに数字を持ってこれる人っていますが、やはり「勝負強さ」って持っていたいですね。

そういう人間がビジネスの世界でも上に行ける人間だと思います。


大きなプレッシャーを背負うということ

ブラジル代表といえば、常にワールドカップで優勝を期待されている常勝国ですが、今回のワールドカップ2014のプレッシャーは半端ないと思います。

過去さかのぼっても自国開催の優勝がないどころか「マナカナンの悲劇」という過去がありますからね…
今回優勝することで、その悲劇を払しょくしたいという国民の期待たるや相当なものだと思います。
(ブラジル代表のユニフォームはもともと白だったそうです。マナカナンの悲劇がきっかけで黄色に変更になったのですが、今回優勝したら白に戻すのではないかという噂がありますね)


よく「プレッシャーに弱い」とか「ストレスは良くない」って聞きますけど、成長したり、今の自分の殻を破りたいのであればプレッシャーやストレスを歓迎する人間になる必要があると思います。

体だって筋トレをして負荷をかけなければ筋肉がつかないように、精神だってプレッシャーやストレスという負荷をかけなければ強くなりませんからね。


本日のまとめ

明日はスペインvsオランダという好カードなので、2日連続の早起きになりそうです…

ところで、いつも思うのですが、純粋にサッカーを見て感動したり興奮したりするのもいいですが、そこから学ぶべきことって沢山ありますよね。

もちろん、あの場に立てる選手というのは選ばれた人なのですが、私達と同じ人間でもあります。
ネイマールが子供のころは生活が苦しくて電気を止められたことがあるという話は有名ですが、みんなそれぞれ人生を懸命に生きているわけで。

「感動した!」→で、自分はどうするの??
すげーすげーって言っているだけじゃなくて、お前の人生も頑張れよみたいなね。

ということで、とっても眠い一日になりそうですが、今日も頑張ります。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ