全力を尽くすことと淡々とこなすこと

カフェ

以前、最悪の営業所へ転勤になった所長の話をご紹介しましたが覚えていますか!?
その所長さんと昨日会ったので、その後の後日談をご紹介します。


スポンサードリンク




突然の電話連絡

もしかしたら以前紹介した記事を読んでいない方もいるかもしれません。その記事はこちらです。
【参考】崩壊した組織に転勤することになった営業マネージャー

昨日の夜、ジムでランニングマシンをしているときに、以前に相談を受けていた所長さんから突然電話がかかってきました。「今日、これから会えますか?」ジムで体を動かし始めたばかりだったので、「あと1時間半後でどうですか?」と約束して電話を切りましたが、前回の相談内容が内容だけに体を動かして汗をかいていても「いったいどんな話なんだろう…」って気になってしょうがありません。結局、若干ですが早めに切り上げて約束の飲食店へ車を走らせました。


営業マネージャーが変われば組織は変わる

昨日は5月1日ですので、4月1日から新しい営業所に転勤になってから最初の1ヶ月目の結果が出ているわけです。私はどんな話になるのだろうとドキドキしてしょうがないので、結論から聞きました。

「そういえば、4月の結果はどうだったんですか?」すると、平然としたテンションでこう返ってきました。「何とか目標達成することが出来ましたよ!」前回の話からすると、転勤した営業所を立て直すのに最低数か月はかかると思っていたので、私は感心してしまいました。「凄いじゃないですか?」私の方がテンションが高いくらいです。

私も営業マネージャーとして、過去にいろいろと悩んだ経験がありますので、「転勤初月から目標達成出来た要因は何ですか?」と聞くと、包み隠さずいろいろと要因を教えてくれました。まぁ、今回の書きたいこととはズレますので、具体的には書きませんが、「やはり組織というのはマネージャーが変わるだけで、大きく変わるものなんだな…」って再確認した次第です。

昨日は本当に勉強になりました。


所長さんが言っていた印象的な言葉

この所長さんは、ほとんど同僚たちが消えていく厳しい環境の中で、長いことマネージャーとして生き残っている人なので、別れ際にこんな質問をしてみました。

「厳しい環境の中で、結果を出し続けるコツとか、モチベーションをキープし続けるコツって何ですか!?」
すると、即答でこのように帰ってきました。

「営業だから、目標が達成出来ることもできないこともある。月末に目標を達成したとしても、翌日からは新しい目標があるからいつまでも喜んでいることはないし、もし、目標を達成できなかったとしても、一晩寝たら忘れて新し目標を達成するために頑張るだけ。ある意味、そこに関しては淡々としています。もちろん、最後の最後まであきらめずに全力を尽くしますけどね。」


さすが、厳しい環境で長いこと第一線で走り続けているだけのことはありますよね。「まだまだ分かりませんよ」って言っていましたが、この所長さんなら新しい営業所を立て直すことが出来るだろうと確信しました。


今回のまとめ

実は、私はけっこう結果に一喜一憂してしまうタイプなんですよね。営業の業務の時は常にピリピリしていますし、とてもじゃないけど淡々と仕事をして結果を残せるタイプではありません。まぁ、それだけ本気で営業しているという自負はありますが…

今日、お話しした所長さんは、私にいろいろと相談してくれますが、私にしてみるとこの所長さんの方がずっとモチベーションのコントロールが上手だなって感じました。素直に見習おうと思います。

明日からは連休ですが、GWの後半が終わるといよいよお盆まで走り続けることになります。みなさんも英気を養って連休後は快調に5月度を飛ばしていけるように頑張りましょう!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ