トップセールスマンの要素「佇まいとオーラ」について

オーラ(佇まい)

トップセールスになれて嬉しくない人はいないと思います。
今日はそんなトップセールスマンが持つ要素の「佇まい(たたずまい)」や「オーラ」について考えてみましょう!


スポンサードリンク




「こやつ出来るな!?」時代劇などで、剣を交えていないのに相手の構えだけでこう感じているシーンってよく見ますよね。これこそ「佇まい」で相手の実力を感じているということ。今風に言えば「オーラ」みたいなものですかね。

実はこれ、ビジネスの世界でも例外ではなく、「営業マンの佇まいやオーラ」ってとっても重要なんです!


あなたの佇まいやオーラはどうですか!?

自分を見る営業ウーマン

法人営業をやっていると、社長や役員の方々との商談の機会があると思います。そして、「うわぁ~、この人のオーラ半端ないな」って思ったことはありませんか!?私も数えきれないほどの社長とお会いしてきましたが圧倒されてしまうようなオーラを放つ方が沢山いらっしゃいました。

そして、凄まじいオーラを放っていらっしゃる社長の多くが創業社長でした。このことから判るのは、「数多くの修羅場や苦労を乗り越えてきた経験によってオーラって生まれるんだな」ってこと。やはり、雇われ社長や二代目社長とはちょっと違う空気を持っている方が多かった気がします。

一度、今の自分がどんな佇まいなのか鏡でじーーーっくりとチェックしてみてください。「俺って、薄っぺらいな」そう自分で感じるのであれば、相手は100%あなたのことを「どこか薄っぺらい奴だ」って見ていますよ。


佇まいやオーラを身に着けるためのキーワード

ポイントです

では、営業マンの場合はどうしたら「こやつ出来る!」という佇まいやオーラを身に着けることが出来るのでしょうか!?

ちょっとヒントになるようなキーワードを上げてみます。

  • 数字(業績)
  • 自信
  • やる気(バイタリティー)
  • 情熱
  • 勇気
  • 覚悟
  • 使命感
  • 苦労
  • 苦悩
  • 挫折
  • 絶望
  • 経験
  • 生命力
  • バックボーン



  • 収入

きりがないのでこのくらいにしておきますがどう思ったでしょうか?とても大切な部分ですので、もう少し踏み込んでお話ししますね。


佇まいやオーラを身に着けるには

全てが学び

上記で佇まいやオーラを身に着けるためのキーワードを上げてみました。この先を読み進める前に少し考えてほしいのですが、何か気が付いたことはありますか?


それは、仕事やプライベート、プラスやマイナスごとの全てが「佇まい」や「オーラ」を身に着けるための要素になるということです。


まず、プラスの要素から言えば、「数字は営業マンの鎧(よろい」」です。当ブログでも「数字・数字」と言っていますので、「はいはい、また数字ですか?」と思う方もいるかもしれませんが、営業マンから数字を取ったらただの人です。数字が良ければ「自信」や「やる気」「情熱」というのは自然とついてきます。

そして、忘れないでほしいのが「勇気」や「覚悟」です。新規の取引先を開拓する営業の仕事は「道を作る仕事」とも言えます。「1歩を踏み出したり、踏み込む勇気」や「絶対にやってやる」という覚悟があなたのオーラを育てます。

また「使命感」を持っている人も違いますよね。使命感を持つヒントとしては「自分以外の他人に貢献している」という意識をもつことです。自分の収入の為だけに営業をしている人には決して身に付きませんので覚えておいてください。


次に注目してほしいのが、「苦労」「苦悩」「挫折」「絶望」など、一見マイナスに思われることが入っているということ。やはり、いいことも悪いことも両方経験してこそ人間に厚みが出るというもの。そういう意味では、今大変な状況の方もいるかもしれませんが、それは飛躍するために力を蓄えている時期とも言えます。私が見てきた限りでは、大成功している人ほど、その裏にはとんでもない苦労や絶望などの「闇」を乗り越えてきた、もしくは抱えているという人が多かったですね。


最後は、「経験」「生命力」「バックボーン」などです。営業の仕事には「その人のいきざま」が大きく反映されますので、ビジネスとは関係のない人間の部分が大きく影響します。仕事は出来るけど、体はボロボロ、数字は抜群だけど、プライベートが最悪では、いい佇まいやオーラは身につかないでしょうね。もしかしたら「負のオーラ」を身に着けてしまうことになりかねません。


本日のまとめ

「あれ?収入は関係ないのですか!?」こういう方のために最後にお話しします。

稼ぐことによって「自信」「やる気」「情熱」は生まれるかもしれません。ブランド物の仕立てのいいスーツなどを身につければ、安物のヨレヨレのスーツを着ているよりは全然いいでしょう。しかし、お金で身に着けられるオーラって「偽物」なんですよね。安っぽいというか小物感が半端ないんです。

私自身「稼ぎたい」というのも営業の仕事に長く携わってきた理由のひとつですので否定はしませんが、それだけでは「圧倒的なオーラ」は身に付きません。

究極なことを言えば、営業(商談)は魂と魂のぶつかり合いなんですよ。年齢、性別、家柄、学歴etcなど、そういうごちゃごちゃしたつまらないおまけではなくて、一人の人間として認められたときに契約って生まれると思うんです。

ですから、「自分は薄っぺらいな」って思うのであれば、今からでも遅くはありません。営業道に精進して「佇まい」を変え「オーラ」を身に着けていきましょう。ポイントは「懸命」。いい加減にやっている人や運だけの人にはオーラは身に付きません。逆に言えば、一所懸命にやっていれば、遅かれ早かれ必ず身につくものです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ