営業部に配属、移動になった人へのアドバイス

アドバイス

もうすぐ4月ですね!
今日は、新卒で営業部に配属になったり、新年度を迎えるにあたって営業部へ移動になる人へのアドバイスです。


スポンサードリンク




営業部へ配属、移動

まずお聞きしたいのが「営業部で良かった」なのか、「営業部なんて最悪だ」なのかどちらですか!?
私の経験から言えば、「できれば営業の仕事はしたくない」という人が多いと思いますので、望んでいない人にとっては、4月からが憂鬱でしょうがないのではないかと思います。

でも、もう配属になっちまったものはしょうがありません(笑

4月まで1週間ありますので、それまでに精神面をはじめいろいろと準備しましょう!


営業マンになる人へのアドバイス

研修

私は約20年間営業一筋でやってきました。ですので、営業のいい面も悪い面も誰よりもよく知っているつもりです。ですので、今までの経験の中から営業マンになる人へアドバイスしますね。


営業マンは攻める気持ちが重要

まず、一番最初に伝えたいことは「強気」の大切さです。「絶対に営業部でトップを取ってやる」でもいいですし、歩合給制の会社であれば「手取り50万円稼ぐ」でもなんでも構いません。

とにかく、「強気でいる」ということを覚えておいてください。

「僕は営業未経験だし、そんな大きなことは考えられません」もしこう思うのであれば、せめて「俺(私)なら出来る」と思ってください。売れる営業マンと売れない営業マンの大きな違いは「気持ちの部分」です。やってみる前から結果が出る出ないを考えてもしょうがありません。

ひとつだけ言えることは、強気でも弱気でも結果が出ないことはありますが、弱気の人の方がより結果が出ない確立が高いということです。


目的と目標をたてる

あなたの人生の目的は何ですか?「私はこうなりたい」という目的があれば、多少の苦労や困難は乗り切れるものです。

【参考】【訓話】3人のレンガ積み職人から考える目的と目標

何故、こんな話をするのかと言えば、営業の仕事は成果が数字ではっきりと出ますので、悪いときは落ち込んだりすることもあると思います。しかし、あなたの人生の目的は「営業で成績を上げること」ではないはずです。

例えば、「将来は自分のお店が持ちたい」と考えているのであれば、スタッフとの人間関係って大切ですが、対人折衝の仕事である営業からそういう部分を学ぶこともできますよね。また、カフェをやりたいのであれば、カフェに営業をかければ、いろいろと内情を知ることだって可能です。

あなたの人生の目的に近づくために、営業の仕事を利用すれば、毎日の業務が全て「学び」に繋がりますよ。


見た目の再確認

新卒の営業マンであれば「若い」とか「頼りない」と思われるよりも「活き活きしている」「元気がある」と思われた方が好印象なのは誰でもわかると思います。

別に、整形してイケメンや美人になる必要はありませんが、人に会うことが多い営業マンにとって第一印象はめちゃくちゃ重要です。

清潔感はあるか?髪形は?服装は??
とにかく、好印象を持たれて損はありませんので、是非見直してください。

【参考】人は見た目が9割!営業マンも見た目が9割!?


3ヶ月は全力で突っ走ると決断する

結果を出したいならこれだけ約束してください。

最初の3ヶ月間は、営業に没頭する

営業の仕事は、大工や料理人などの職人とは違って、3ヶ月のあれば一人前になれます。(ここでいう一人前とは、人並みの結果を持ってこれるようになれるという意味)

テレビを見る時間を減らす、通勤時間に営業の本を読む、早く寝て翌日の仕事に備える、このブログを読む←これ重要(笑

3ヶ月は生活の中心を「営業」においてください。私の経験上、この最初の3ヶ月間の頑張りが後の営業マンとしての運命を大きく左右すると言い切れます。

まぁ、これは営業の仕事に限ったことではないと思いますが、没頭して頑張るということなしに、上手くいくことはありません。(ゲームだって上手くなる為には没頭するでしょ…)


スタートダッシュに命を懸ける

営業の仕事において重要なことは沢山ありますが、ひとつ上げるとすれば「スタートダッシュ」かもしれません。

スポーツの世界では「先制点」ってとっても重要ですよね。逆転というのは興奮や感動を呼びますが、やはり先取点を取ったチームが有利に試合を運べることに疑いの余地はありません。

営業の仕事も同じです。特に4月から営業部に配属になったり、移動になった人は「まさにスタート!」を迎えるわけですから、全精力をそのスタートに注いでください。営業マネージャーは、「やる気のある営業マン」や「結果の出ている営業マン」に期待しますので、周りが新人気分でのんびりしている間に猛烈なスタートダッシュで差をつけてしまいましょう!


女性で営業マンになる方「おめでとうございます」

女性で営業マン(ウーマン)になる方に言いたいのは「よかったですね!」ということ。

まだまだビジネス社会は「男社会」で、「女は子供を産んで、家庭に収まるのがいい」と本気で思っている化石のような価値観のオジサマ世代がワンサカいますので、男性が思っている以上に女性が活躍するのは大変ですよね。
しかし、営業の世界は「数字」というハッキリとした指標があります。「なんだか理由はよくわからないけど、男性社員の方が評価される」といったことが他の部署よりも少ないですので、実力で勝負できます。

また、営業は女性の方がずっと向いている仕事ですので、頑張りましょう!

【参考】悩みやストレスを抱えている女性営業マンのみなさんへ


本日のまとめ

営業部になっちまったものはしょうがありません(笑
くよくよしてたって何のためにもなりませんので「結果を出す」ことを考えましょう!

ちなみに、このブログには様々な営業のノウハウや事例、現場で使えるトークなどが無料で公開されていますので、困ったときには覗きに来てください!

あなたに役に立つ記事があるはずです。
もしなかったら「こういう記事を書け~!」って言ってください。すぐ書きますので(笑


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ