営業が未経験の人が短期間で戦力になる為には【真似るのが一番】

営業の未経験者が売れるよになりたいのであれば、手取り早い方法があります。
それは、「トップセールスを真似る」事です。

今日は実際にあった事例をもとにお話ししますね!


スポンサードリンク




トップセールスマンも普通の人間です

先輩、後輩営業マンイメージ画像
営業会社には、群を抜いて業績がいいトップセールスが必ず存在します。
では、トップセールスマン選ばれし特別な人間なのでしょうか。

あまりに凄まじい実績を見せつけられると「あの人は天才だ!」と思う気持ちはわかりますが、結論から言えば「選ばれしもの」でも「セースルの天才」でもありません。

あなたと同じ普通の人間です。

では、何故人並み外れた業績を上げられるかですが、トップセールスマンは「営業のコツ」や「必勝パターン」のようなものを確立しているからなんです!


トップセールスを真似る前の注意点

ここからは、私が実際に経験した事例をお話ししますが、その前に注意点が2つありますので必目を通してからこの先を読み進めてください。

型(基礎)がしっかりと身についてからにする

最初から「楽をしよう」という考えで真似るのは危険です。
まずは、型(基礎)を習得してからにしましょう。

当ブログの営業が未経験の人が短期間で戦力になる為には – 型が重要 – という記事を参考にしてください。

トップセールスと仲良くなる必要がある

一番いいのは「トップセールスに同行して現場を見せてもらうこと」です。

営業の現場は真剣勝負ですのでトップセールスマンも手抜きは出来ません。
従って自分が確立している営業手法を隠し切れません。

トップセールマンは売り逃がすなんて許せませんから、社内では絶対に教えてくれいいようなテクニックやトークを現場では同行で見られていると分かっていても使ってしまうでしょう(笑

癖の強いことが多いトップセールスと仲良くなる方法はこちらの記事を参考にしてください。

新人営業マンがトップセールスと仲良くなる方法

真似ることが効果的な根拠

それでは本題に戻ります。
あれは私が訪問販売の会社に所属していた時のことでした…

N主任という業績のいい営業マンがいました。

このN主任は、私が言うのもなんですが顔がいい訳でもなく、不思議の国のアリスのハンプティー・ダンプティーのような体型、更にはおとなしい性格で余計な事は話しません。

ゲームばっかりしているようなタイプって言えば分かりますよね。

当然、オーラのようなものも感じられません。

「何で、この人って数字が上がるんだろうか…」
正直、謎でした。

ただ、1点だけ気になることは「営業の現場では関西人でもないのに関西弁を使う」のです。

「これは何かあるに違いない!」
私はN主任と仲良くなり、意を決して質問してみました。

「N主任って関西人でもないのに、何で関西弁を使っているんですか?」

その答えは、私が予想だにしない内容だったのです。
(以下はN主任の言葉)

「〇〇さん(その会社の役員の人)って知ってるよな?あの人が現場をやっている時半端なく売ってたんだよ。俺ね、〇〇さんみたいになりたいと思って、とにかく真似る事に決めたわけ。100%真似ようってね。そうしたら〇〇さん関西人だから関西弁だろ!その関西弁まで真似してたらこうなっちゃったんだよ(笑)」

N主任の拘りに衝撃を受けました。
それと同時に「真似る」事の重要性を実感したんです!

型(基礎)が身に付いたら自己流でも構いません。
(最初から自己流で営業をすると遠回りになってしまうことが多い)

ちなみに、私は今でさえ自分流の営業手法を確立しています。

しかし、その手法は自分で考えたというよりは、多くのトップセールスマンの真似をして習得したものが合わさって出来たものなんです。

結果が欲しい営業マンのみなさん!
是非、真似てみることをおすすめします!!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ