サーフェスプロ2は営業マンにピッタリのタブレットPC

サーフェスプロ2

先日購入したサーフェスプロ2をしばらく使ってみましたが、予想以上に使い勝手が良く、外出先で使うPCにピッタリだったのでご紹介します。


スポンサードリンク




まず、購入したサーフェスプロ2はこちら

サーフェスプロ2

windowsでお馴染みのマイクロソフトが作ったタブレット型PCです。


サーフェスを使ってみて良かった理由

以前に当ブログで書いたように、私は外回りの際には「iPad」を持ち歩いていました。

しかし、iPadだと出来ることと出来ないことがあるので、「外出先で使えるウルトラモバイルPC」を探していました。

今回私がPCの購入にあたって上げていた条件は以下の通り。

  1. iPadよりも高性能
  2. ワード・エクセル・パワポなどoffice製品を使える
  3. タッチパネル対応
  4. コンパクトで軽い
  5. 頑丈な作り
  6. USBやフラッシュメモリーが使える
  7. ペン入力に対応している

上記に関して、ひとつずつ簡単に説明しますね。


1.iPadよりも高性能

当然といえば当然ですが、iPadよりも高性能でなければ購入する必要はありません。
これに関していえば、iPadはタブレットでOSもiosですので、フラッシュサイトは見れませんし、アプリケーションを2つ同時に起動することなどが出来ません。(例えば、左側にGoogleの検索結果を表示しながら、左側にワードを開いて作業するetc)
サーフェスプロ2のOSはwindowsですので、PCでできることは全て出来ます。


2.ワード・エクセル・パワポなどoffice製品を使える

iPadでもアプリを使うことでワードやエクセルなどを使うことができますが、使い勝手はまだまだですよね。
その点、サーフェスプロ2では、ノーストレスでoffice製品が使えます。


3.タッチパネル対応

外出先でちょっとパソコンを使いたいときに、マウスを使わないと操作できないと面倒くさいですよね。
しかし、サーフェスプロ2はタッチパネル対応ですので、どこでも快適に操作できます。


4.コンパクトで軽い

サーフェスプロ2は本体の重量が907gと1kgをきります。タイプカバー2というキーボード兼カバーが225gですので、両方合わせると1kgを超えてしまうのですが、それでもこのスペックのPCとしては軽いです。
iPadと比べてもほとんど大きさが変わらないのがいいですね。(厚さはサーフェスのほうが厚いです)


5.頑丈な作り

実は、私がサーフェスを購入した大きな理由のひとつが「頑丈さ」です。
最初は、VAIO PRO11やLAVIE Zなどを購入しようと思っていたのですが、こういったウルトラノートは本体の軽量化のために天板などがとても薄くなているんですね。
家電量販店の店員さんが「天板は割れなくても、液晶が割れてしまうことが結構まります。カバンの中に裸で入れるなんてもってのほかですし、満員電車などは十分な注意が必要です」と言っているのを聞いて、「そんなに気をつけなきゃならないなら面倒くさいな」と思いました。
それに比べると、本体がマグネシウム合金でできているサーフェスプロ2は頑丈に出来ているので安心です。(乱暴に使っても壊れないという意味ではないです)


6.USBやフラッシュメモリーが使える

iPadが不便な理由の一つに「外部メモリ」と接続できないというのがあります。
その点、サーフェスはUSBとマイクロSDに対応していますので、外部メモリーの使用もOKです。


7.ペン入力に対応している

サーフェスプロ2は、もともとベン入力に対応していますので、「メモ帳」代わりとして使えます。
しかも、1024段階の筆圧を感知しますので、本当のノートに書き込むように快適に記入できます。


本日のまとめ

消費増税前ですし、PCの購入を考えている人もいるのではないかと思ったので「サーフェスプロ2」について書いてみました。

ちなみに、購入特典として「スカイプWi-Fi使い放題、61ヶ国の固定電話への無料通話」が12ヶ月間無料、onedrive(旧skydrive)、これはドロップボックスのようなサービスですが、200Gが2年間無料で使用できます。

最後に、「iPadはどうするの?」って話ですが、もちろん使います。
外出先でガッツリ作業したいときは「サーフェスプロ2」、メールの送受信などで済みそうな日は「iPad」こんな感じで使い分けるつもりです。

これで、更に業務効率アップさせるぞ~!!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ