メールDMの効率アップ方法

費用対効果が非常に高いメールDMですが、全く手間がかからないわけではありません。

メール送信

メールDMは、「出来るだけ全自動に近づけること」で更なる営業マンの強い味方になりますので、今日は効率アップする方法について考えてみます。


スポンサードリンク




メールDMを効率アップするには

メールDM送信イメージ

メールDMの効率アップを考える時、大きく分けて3つの事を考える必要があります。それは、「リスト収集」「セッティング」「メール送信」の3つです。

それぞれに分けて効率アップ方法をご紹介します。

 

リスト収集の効率アップ方法

1.自力でリストを収集する場合
現状、リストを自力でピックアップしている会社や営業マンの場合は、今までに加えて「メールアドレス」も拾えばいいだけですが、そうでない場合は、やはり手間が増えてしまいます。

上記の3つのうち、一番の手間がこの「リスト収集」ですので、出来るだけ効率よくするような工夫は必須です。

具体的な方法については、当ブログの過去j記事で触れたことがありますので、そちらを参考にしてください。

参考記事:法人リスト(名簿)を作成する方法【効率アップ編】

 
2.名簿業者から購入する
購入リストイメージ

もし、自力でピックアップする手間をかけるくらいなら、リスト購入にお金がかかってもいいというのであれば、名簿の購入は時間効率は格段にいい方法です。

私も過去に名簿屋さんに実際に足を運んだことがありますが、「こんな名簿まで扱っているのか・・・」と驚くようなニッチな名簿までありました。

しかし、ここで気を付けなければならないことがあります。

それは、メールDMを送信する際には「特定電子メール法」という法律を遵守する必要があるのですが、業者が販売する名簿をメールDMを送信するときに使用すると法律違反になってしまう可能性があるという事です。(名簿業者が扱っている名簿は、メールDMだけに使用することを想定していないので)

私達がメールDMを送っていいのは、取引先や名刺交換をした相手、同意を得た相手以外では、「自己の電子メールアドレスをインターネットで公表している者(個人の場合は、営業を営む場合の個人に限る。)」だけです。

参考記事:メールDMは「特定電子メール法」を順守して送信しよう!

ですから、名簿を購入する場合は、その名簿に載っているメールアドレスが上記の送ってもいい相手に該当するかどうか確認するのを忘れないようにしてください。

 
3.メール取集ツールを利用する
実は、私はこの方法でリストを収集しています。

古いノートPCを「リスト収集用」として、毎日フル稼働させてコツコツとリストを作り続けています。

 

作成の効率アップ方法

メールの文面作成

この作成に関しては、効率アップの方法はあまりありません。というのは、もともと、封書のダイレクトメールよりもずっと手間が無いからです。

例えば、封書のダイレクトメールの場合、封入するチラシのデザイン、配色、文面など、いろいろと考えることがありますが、メールDMの場合、考えるのは文面だけです。(メールは白黒ですので)

また、封書のダイレクトメールのチラシは専門の印刷業者に依頼するケースが多いと思いますが、そうなると、打ち合わせや修正の手間もかかりますし、外注費用もかかります。しかし、メールDMであれば、出来上がった文面を打ち込めば完成ですので、時間も費用もかかりません。

もし、「メールDMなんて作ったことないし、どうやっていいかわからないし、考える時間がかかる」と思うのであればいい方法があります。

それは、メールマガジンなどに登録して、そのメールマガジンの構成を参考にしてください。(文面をパクれと言う意味ではありません。そんなことをしたら著作権法違反です)

 

メール送信の効率アップ方法

メール送信
1.定型文登録をする
まさかそんな人はいないと思いますが、毎回メールの文面を打ち込んでいたら日が暮れてしまいます。文面は定型文登録しておきましょう。

 
2.BCCを使ってメールを一斉送信する
これもないとは思いますが、1件1件メールアドレスをいちいち打ち込んでいたら明日になってしまいます(汗

BCC機能などを使って、ある程度まとめた数を一斉に送信しましょう!

参考記事:メールDMをoutlookで送信する方法

 
3.DM業者にアウトソースする
費用がかかってもいいのであれば、これが一番手間が無いと思います。注意点は以下の通り。
  • 特定電子メール法を順守している業者かどうか
  • 本当に送信したかどうか、確認できる方法があるかどうか
  • 送信先のターゲットの選定などが細かく出来るかどうか
  • その他、コンプライアンスを遵守している業者かどうか
  • メール送信後の分析データなどを確認したりもらえるかどうか
ちなみに、業者のほとんどがリストを持っていますので、リスト収集の手間もなくなる場合がほとんどです。

 
4.メール送信ツールを使用する
私がやっている方法ですが、リストと文面を登録すれば、あとはボタン一つでメールを送信してくれるツールがあります。

もちろん、ツール代はかかりますが、業者にアウトソースするよりも費用を抑えることが出来ますのでお勧めです。

また、こういったツールにはステップメール(メールアドレス登録1週間後、2週間後、1ヶ月後に指定したメールを送信する機能)が使え、通常の顧客フォローの効率アップにも使えるので、なかなか便利です。

逆にデメリットとしては、送信数に制限があったり(1日5000件までなど)、ツールによっては送信スピードが遅かったりすることです。(午前10時にメール送信を始めても、終わるのは昼頃だったりすると、時間のデータ分析ができない)

 

以上、メールDMの効率アップ方法でした。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ