営業の新規開拓でメールDMを利用するメリット

メール送信

メールDMを使えば、飛び込みやテレアポと違って、ほとんど労力なく、しかもコストゼロで訪問先を確保する事が出来ます。



スポンサードリンク



メールDMってご存知ですか!?
その名の通り、メールを使ったDM(ダイレクトメール)です。

メールDMには、メリットが沢山ありますので、以下にまとめます。

 

メールDMのメリット

  1. 費用がかからない
  2. 手間がかからない
  3. 即時実行できる
  4. 全て自分で完結できる
  5. 内容の修正が簡単
  6. WEBサイトへ誘導が可能

 

それぞれ簡単に説明しますね。

メールDMを送信する営業マン

 

 

1.費用がかからない

一番のメリットは、「費用がかからない」ということです。
宣伝広告費をたっぷり使える大手企業は別として、営業マン個人やスタートアップ(起業)したばかりの会社にとってはリスクなくDM(ダイレクトメール)が発送できます。

ちなみに、封書のDMの場合、どんなに安く見積もっても1通100円以上はかかります。

 

2.手間がかからない

封書のDMを送信しようとすると、チラシやリーフレットを封筒に入れる封入作業や切手やメール便のバーコードを貼る手間がかかります。

しかし、メールDMであれば、送信する文章を作ってしまえば、あとは送信するだけ。本当に手間がかかりません。

 

3.即時実行できる

メールDMであれば、「今からDMを送信しよう!」と思えば、すぐ送信すれば、瞬時に潜在顧客の元へDMを届ける事が出来ます。

しかし、封書のDMの場合、今送ったとしても、早くて翌日、遠方であれば翌々日以降にお客様に届きます。また、午前中に届けたいと思っても、時間まで指定は出来ない(しない)ので、先方に届く時間まではコントロールする事が出来ません。

 

4.全て自分で完結できる

チラシの場合、修正したいと思っても、業者にお願いしなければなりません。それに、在庫が無くならない限り、現状のチラシを使うと思います。

それに比べてメールDMは、「ここの部分を治したい」と思ったら自分ですぐに修正できます。

 

5.内容の修正が簡単

チラシの場合、修正する場合は業者とのやり取りが発生します。特に、色などはニュアンスが伝えづらいので、何度も何度もやり取りが行われることは珍しくありません。
メールDMであれば、テキストを打ち直すだけですので、簡単に修正が終わります。

 

6.WEBサイトへの誘導が可能

チラシの場合は、「◯◯で検索」というような感じの誘導方法になりますが、メールDMの場合は、リンクが貼れますので、WEBサイトへの誘導がスムーズです。

以上です。

 

上記の通り、メールDMは沢山のメリットがありますので、上手に使えば営業活動の強い味方になってくれますよ。

次回は、メールDMの事例をお送りしますので、お楽しみに。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ