営業未経験の人が短期間で戦力になる為には【隙間時間編】

営業が未経験の人は少しでも早く「戦力になりたい」と思うものです。

しかし、経験が無いだけに「どうすればいいのか」さえ分からないという人も少なくありません。

そこで、いち早く戦力になる方法をご紹介します。


スポンサードリンク




隙間時間を有効活用して勉強

新人営業マン
営業未経験者は、とにかく覚えることが多いものです。

アポやデモのトークはもちろんの事、取り扱う商品やサービスの内容、ライバル会社の事、営業ツールや契約書の事、新卒の営業マンなら、ビジネスマナーetc

そんな中、同時に営業力も磨いていかなくてはなりません。
もしかすると、やる事が多すぎて「追われている」営業マンの方も多いのではないでしょうか。


そこで、ご紹介したい方法が「隙間時間の活用」です。

毎日、帰宅してからも頑張るのも悪くありませんし、営業未経験者であればその位の努力はした方がいいと思います。

しかし、それぞれ事情もありますよね。
「通勤が長く帰ると深夜になってしまう…」
こんな方も少なくないと思います。

そこで活用したいのが「隙間時間」です。

営業の仕事は内勤の仕事と違って移動時間があります。
更には毎日の通勤時間を入れたら、どの位の時間を作りだせるでしょうか?
これ馬鹿に出来ないんですよ。

例えば、通勤時間が1時間(片道)、移動時間が2時間(一日平均)とすると、

1日4時間、1週間で20時間(週休2日として)、1ヶ月で80時間(20日稼働として)、1年で960時間!

な、なんと、1日4時間の隙間時間が積み重なると、年間で40日の時間(960時間÷24時間)になるのです!!

上記の計算を見て、移動時間だけでもこんなに時間を使っていることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

では、この時間を有効活用する人と、昼寝したり、ゲームや漫画の時間に使う人の間には大きな差が生まれると思いませんか?

今は、スマホやタブレットなど便利なツールも増えました。

沢山資料を持ち歩いて重たい思いをする必要はありません。スマホやタブレットに資料をインストールしておけば、いつでもどこでも好きな資料を見ることが出来ます。(データの持ち出しに関しては、会社のルールに従ってください)

また、ウォークマンで音声データを聞くという勉強法であれば、満員電車や車の中でも勉強できます。

じゃあ、いつから隙間時間を有効活用するべきか…?
「今でしょ!」(流行っているので使ってみました)


まとめ

時間は取り戻せませんし、お金で買う事も出来ません。

後悔しない為にも時間は有効に使いましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ