法人営業は景気の流れにのる事が重要

statistics-227173_640

「うちの会社は中小企業だし、アベノミクスなんて関係ないよ」

はたして本当にそうなのでしょうか?本当にあなたの会社には影響がないとしても、法人営業で結果を出すためには景気の流れにのる事が重要です。


スポンサードリンク




ネットや雑誌など、いろいろとみていると2014年も景気は上向くのではないかというのが大方の予想のようですね。

大企業は、ついにベースアップ(固定給のアップ)も行う方のようですし、今のところはデフレ脱却の方向へ進みそうな感じです。

 

もちろん、「うちみたいな中小企業には何の恩恵もない」と思っている方もいるでしょうし、実際にそうなのかもしれません。

しかし、法人営業をやっているのであれば、この経済や世の中の流れに逆らってはいけません。

 

流れにのれば、自分の実力以上の実績を残すことも可能ですが、逆らえばどんなスーパー営業マンでも実績は残せないかもしれないからです。

ですから、これから営業会社に転職しようと思っている方は、その会社の商品やサービスが世間の流れにのっているかどうかをよ~く考える必要があります。

 

しかし、ここで問題があります。

「俺、転職の予定もないし、商品やサービスを変えることが出来ない人はどうすればいいのですか?」

こんな営業マンもいると思いますので、LED照明を例に考えてみましょう。

 

アベノミクスで円安が進み、株価が急上昇する前は、長い事不景気が続いていました。ですから、「LED照明」のような省エネ関連商品やサービスがいろいろと出てきましたよね。

営業マンも「経費削減になります」と言ったセールスポイントを前面に押し出した営業をしていたはずです。

 

しかし、世の中景気が上向いてきました。そうなるとLED照明はもう終わってしまったのでしょうか?

そうではありませんよね!

不景気の時は設備投資を渋っていた企業や、このまま景気がいい方向へ進めば、設備投資の余裕が無かった中手企業や個人事業主などのニーズが出てきます。

ですから、景気が悪い時と景気がいい時で、セールスポイントを変えて提案すればいいだけです。

 

という事で、商品やサービスが変えられない営業マンは、セールスポイントが今の流れに合っているかどうか再確認してみてください!

それにしても、このまま景気がいい方向へ進んでくれるといいですね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ