営業マンは顔に責任を持て

自信ある顔の営業マン

営業マンは顔です。

あなたは自分の顔を見て「いい顔しているな」って思いますか?


スポンサードリンク




「営業マンは顔です」なんて言うと、「お前はイケメンなのかよ」みたいな反発が来そうですが、私がいう「顔」はイケメンじゃなければならないという意味ではありません。

 

昔から、不思議に思っている事があるのですが、芸能人ってみんな垢抜けますよね!

番組の企画で学生時代の写真が出てくる時がありますが、「こんなに変わるものなんだ!」って驚く事ってありませんか!?

まぁ、中には整形して劇的に変わった人やメイクで変わっている人もいるかもしれませんが(笑

それにしても変わります。

多分、「芸能人として活躍できていること」や「稼いでいること」、「人から見られているという意識」などが原因で垢抜けるのでしょうね。

 

生まれたばかりの顔は親から頂いた贈り物ですが、その後はその人の内面がジワジワと反映されてきます。

いつもニコニコしている人は、歳をとってシワができても、それがチャーミングだったりするじゃないですか!

そういう意味で、私たちは「顔に責任を持つ」必要があるのです。

 

さて、話を戻しますが、私たち営業マンは芸能人ほど垢抜ける必要はありませんが、「いい顔」をしているかどうかは重要な要素です。

何故なら、仕事に誇りと自信を持って頑張っていれば、整っているかどうかは別として「いい顔(表情)」になるものです。

 

「自信に満ち満ちている顔」

「器の大きそうな顔」

「誠実そうな顔」

「バイタリティーに溢れている顔」

「一本芯が通った顔」

etc

あげればキリが無いですが、トップセールスマンになるような人は、いい顔をしていることが多く、その顔や表情がオーラを感じさせる原因になっています。

 

では、「いい顔をしているかどうか」は、どうやって判断すればいいのでしょうか?

もちろん、毎日鏡を見て自分でチェックしてもいいのですが、法人営業マンの場合、もっと確実にわかる方法があります。

それは、訪問先や取引先の社長や役員など、仕事のできる人や自分より稼いでる人、ずっと年上の人に「君はいい顔してるね!」と言われたことがあるかないかです。

もし、過去に一度も言われたことがないのであれば、あなたの顔はビジネスマンとして「まだまだ本物とは言えないレベル」なのかもしれません。

 

あっ、注意して欲しいのは、女性営業マンに対しての「綺麗だね」や「可愛いね」です。

お分かりの通り、こういう場合は、「異性としての魅力」を言われているだけですし、もっと酷い場合には「ビジネスマンとして、舐められている」場合もあります。(特に若い女性の場合)

 

私はイケメンではありませんが、出来るだけいい顔でいたいと思っています。

あなたも今日から「いい顔」をしているかどうか常に気をつけてみてください。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ