スケジュール

営業の仕事でいい事のひとつにスケジューリングがあります。
何故なら、スケジュールに関しては、自分で好きなように決められるからです。

あなたはガチガチに管理されるのは好きですか?

一日中、内勤で上司や同僚の目が光っている中、ずっと支持された通りに仕事をこなす…
想像しただけでゾッとしますし、私には耐えられません(笑


私は、アポイントを入れる時には、必ず朝一か夕方から入れます。
というのは、朝一であれば直行になりますし、夕方であれば直帰になるからです。


理由は説明するまでもないですが、ひとつは「効率が上がる」という事。

例えば、午後の1時のアポ1本で動くほど、効率の悪いことはありません。何故なら移動時間を考えると、1本のアポで一日が終わってしまうからです。

では、アポを朝一に入れた場合はどうでしょうか?

朝一に入れた場合は、午後一や夕方にアポを仕込むことも出来ますし、最悪アポが朝一の一本だけだったとしても、帰社後社内で業務する時間を確保できます。


次に、直行・直帰をうまく使うことによって、スケジュールが楽になります。

いちいち会社に出社して、朝礼に参加してから現地に行かなくても、直行で現地に行ける方がずっと楽ですし、夕方のデモ(商談)が終わったらそのまま直帰すれば、一度会社に戻って終礼に参加してから帰宅するよりも早く家に帰れます。(場所にもよりますが)

私も、疲れが溜まってどうしようもない時は、家から遠くない場所に夕方のアポイントを入れて直帰し、体を休めるようにしていました。


このように、自分次第でスケジュールがどうにでもなるのが営業の仕事のメリットでもありますので、スケジュール管理も一流になりましょう!

よほど社内が居心地がいいのであれば無理は言いませんが、営業マンは座っていても数字は上がりませんからね!


今日は、とても当たり前の話をしましたが、トップセールスマンはスケジューリングも色々な意味で上手にやっていますので、数字が上がる上に楽が出来るようなスケジューリングを考えてみてください。