どうしても即決を迫る事に抵抗を感じる営業マンへのアドバイス

時間のイメージ画像

「どうしても即決を迫ることが出来なくて…」
こんな悩みを抱えている営業マンは少なくありません。

即決を迫る事が悪いことのように感じているのでしょうね。


スポンサードリンク




当ブログでは、常々「法人営業でも即決を狙うべき」と言い続けていますし、即決を取るためのテクニックを記事として何度も公開しています。

それは、即決が善だと本気で思っているからです。


そういえば、今年の流行語大賞は4つの言葉が選ばれましたよね!

「今でしょ」
「じぇじぇじぇ」
「倍返し」
「おもてなし」


私、個人的にはこの4つの言葉の中では、ダントツで「今でしょ」が気に入っています。
理由ですか?「今でしょ」は、なかなか深い言葉だと思うんですよね。


例えば、こんな事ってありませんか?

「健康診断の結果が思わしくなかったし、スポーツジムへ行こうと思っているんだけど…」
「ダイエットしようしよう考えてはいるんですが…」
「英語の勉強をはじめようと思っていたんだけど、なかなかね…」


人間誰しも、「こうしたい」「ああしなきゃ」という気持ちはあるのですが、なかなか思い腰が上がらない。
そうです、決断が出来ないんですね。

そういう決断が出来ない人に決断を促す言葉が「今でしょ」

受験生に限らず、社会人だってなかなか決断できない人が多い。
だから、「今でしょ」が深いと思ったのですが、あなたはいかがですか?


ちょっと、話がそれましたが、では何故「即決(決断させることと)が重要」なのでしょうか?
それは、結局何もぜず時間だけが経過して行くことほど、無駄なことは無いからです。

即決させることが出来ない営業マンは、お客様の時間を無駄に奪っている営業マンとも言えます。

強引に売りつけたり、誤魔化しがあるのは良くないですが、ニーズや必要性があるのであれば、最短で決断させてあげる事こそ営業マンの一番大切な仕事なのかもしれません。


「即決こそ善なんだ」と思えるまで、一度、じっくりと考えてみることをお勧めします。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ