紹介をいやらしくならずにもらうコツ

 人脈

営業マンが売上にレバレッジをかける方法が「紹介」です。
では、あなたは紹介をもらう為にどのような工夫をしていますか?

今日は、もっとも簡単に紹介をもらうコツをお教えします。


スポンサードリンク




「どなたかご紹介頂けませんでしょうか?」
こんな風に堂々と聞くのもいいですが、「図々しく言えない」という営業マンもいるのではないでしょうか?


そんな方にいい方法をお教えします。
その方法とは、「デモ(商談)のアプローチで紹介の布石を打っておく」という方法です。


ちょっと想像してみてください。

もし、「どなたかご紹介を頂けませんでしょうか?」と突然言われたとしたら、あなたはどう思いますか?

「う〜ん、紹介かぁ…。誰かいたっけな?」ってなりませんか?
私ならなります。というのは、全く考えていないのに突然言われても、とっさに思いつかないからです。


ですから、デモ(商談)のアプローチの段階で一度紹介の布石を打っておきましょう!

例えば、デモ(商談)で、「最近はどうですか?」と先方から聞かれた時は絶好のチャンスです。

そういう時は、「はい。お陰様でとても引き合いが多く、忙しくさせて頂いております。最近は、半分がDMやアポ、半分がご紹介です。とても費用対効果の高いサービスですし、最近の社長様は「いいものはみんなで共有しよう」という方がとても多いので、ご紹介頂けるのだと思います。」

こんな風に、一度布石を打っておくと、あとあと紹介の話を切り出した時の反応が違いますし、また、紹介の話を切り出しやすいでしょう。


ちなみに、「紹介が多いサービス=信用が出来るサービス」という印象を持ちますので、その後の商談もやりやすくなりますよ!

是非、紹介をもらうコツを掴んで売上を倍増させてくださいね。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ