営業マンはすすんで後輩社員の面倒をみよう

わからない人

「今日、新入社員を同行させてデモ見せしてくれる?」
こんな風に言われて「面倒くさいなぁ〜」って思ったことはありませんか?

気持ちは理解できますが、悪いことばかりじゃありませんよ。


スポンサードリンク




私は過去に百人近くの新人社員にデモ見せをしたことがあります。

また、現場のデモ見せだけでなく、新入社員の研修や営業マンの育成など、マネジメントにもかなりの時間を費やしてきました。

私が所属してきた会社は、フルコミッション(完全歩合給)の会社が多かったので、新人の育成をしても1円も自分の収入にならないのにです。

「この時間をアポやデモに使えたらな…」って思った事がないかと問われたら、無いとは言い切れません。


しかし、その考えはだんだんと変わってきました。
何故なら、他人の面倒をみればみるほど、自分の業績がアップしたからです!

最初は不思議でしたが、何故だかだんだんとわかるようになってきました。
これは私の考えですが、参考になるかもしれませんので、ちょっとご紹介します。

他人の面倒を見ると自分の業績がアップする理由

基本に立ち返ることが出来る

新人研修でやデモ見せで、いきなり基本を逸脱した応用トークを教えたり見せたりはしませんよね(笑

どんなトップセールスマンでも、毎日毎日デモ(商談)をしていると、軸がブレてしまうことがあります。まぁ、スランプの原因のほとんどがこれだったりするんですよね。

しかし、新人の教育に関わることによって基本を思い出し、それがいい結果を生む効果に繋がる事になります。

教育係が売れない営業マンではいられない

偉そうに研修しておいて、「今月は契約がゼロでした」なんて言えませんよね。

どんな人でもプライドがありますから、「みっともない姿は見せられない」という緊張感を生み、それが業績に繋がります。

気分転換になる

アポ・デモ、アポ・デモ…
営業マンを長年やっていると、どうしてもマンネリ化してきます。

あなたも考えてみて欲しいんですが、内勤日に8時間アポをかけ続けたとしたら、ずっと集中する自信はありますか?
私はありません(笑

やってみればわかりますが、意外と言い気分転換になります。

効率良く時間を使うようになる

「今日は午後から新人の研修だ」とか「明日の午前中は新人の◯◯くんのヘルプで現場だな」となってくると、自然と売り上げに繋がる自分の動ける時間が限られてきます。

そうなれば、「短い時間で業績を上げるには?」と自然に工夫するようになります。

教えることで自分の実力がアップする

「自分で理解する」のと「他人に理解させる」のは全くの別次元の話。当然、後者の方が難しいことは解ると思います。
従って、気がつかないうちに、自分の伝え方・説明の仕方が洗練されていくことになります。

やはり営業の神様が見ている

やっぱり「営業の神様」っていると思うんですよね。

自分の事ばかり考えて自分の特になる事ばかりをやっている営業マンと、大切な自分の時間を他人の為につかえる営業マンとでは、営業の神様は後者に微笑むと思います。

不思議なんですが、世の中こんなものです。

まとめ

何故、こんな事を書いたかといえば、自分の手の内を見せない人が結構いるんですよね。
営業トークは商売道具ですから、気持ちは理解できます。

でも、そういう人は結局そこまで。営業マンとして、ビジネスマンとして、社会人として、もっと、大きく言えば人間として成長したいのであれば、「自分自分」では成長できません。

それに、あなたの営業トークやテクニック・コツは、あなたという営業マンが使うから効果があるのであって、簡単に他人が再現できるものではありません。

だったら、新人や売れずに困っている仲間(社員)をもっと助けてあげてくださいよ。必ず自分に返ってきますから。
以上、営業マン白井でした。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ