ダイレクトメールは開封率が低く、反響率を高くするのがポイント

封書

営業会社では、顧客へのファーストアプローチに「DM(ダイレクトメール)」を使っているところも多いのではないでしょうか!?

そこで、今日からはDM(ダイレクトメール)について、過去の経験を踏まえてお話ししていこうと思います。


スポンサードリンク




DM(ダイレクトメール)と言っても沢山ありますよね。

メールDM、ハガキDM、封書DM、FAXDM etc
あなたの会社でも、色々な方法でファーストアプローチをしているのではないのでしょうか!?

しかし、DM(ダイレクトメール)は、千三つ(1000件送って反響が3件あること)の世界ですし、何の工夫も無く送ったら1件も反響が来ないなんて事も十分にあり得ます。

ですから、DM(ダイレクトメール)に取り組む場合は、徹底敵に拘り工夫してください。

因みに、今日からお話する前提としては、DM(ダイレクトメール)をどうやったら決定権者に見てもらえるか、もっとわかりやすく言えば、社長にDM(ダイレクトメール)を見てもらうためにはどうしたらいいかという事についてお話ししようと思います。


【DM(ダイレクトメール)を取り巻く間違った常識】

「DM(ダイレクトメール)なんて送っても、お金を捨てるようなものでしょ?」こんな声を聞くことがあります。

しかし、今現在でもDM(ダイレクトメール)は、やり方によっては十分に使える手法です。

私は、DM(ダイレクトメール)に関しても、全て企画立案して実践した事があるのですが、いい時は10%近い反響がありましたし、反響がなかったところにテレアポを入れると、そこから更にアポが取れるという事は珍しくありませんでした。

ですから本当にやり方次第。


それと、DM(ダイレクトメール)は、開封率と到達率を上げようとすることが多いと思うのですが、送る企業の規模や相手によっては、開封率は低く、到達率を上げると、反響率がアップすることがあります。


私が不思議なのは、アポやデモに関しては、研修をしたり、ロープレをしたりするのに対し、DM(ダイレクトメール)に関しては、最低限の必要経費として考えているのか、徹底して拘っていない営業会社が多いように見受けます。


例えば、DM(ダイレクトメール)のデザインやキャッチフレーズを業者に丸投げしている会社もありますが、まずそこが間違い。

商品やサービスの現状を一番知っているのはDM(ダイレクトメール)作成業者ではありません。

また、現場から離れている管理職や内勤スタッフがDM(ダイレクトメール)の企画立案をしている会社もあると思いますが、商品やサービスの現状を一番わかっているのは現場の営業マンです。

現場の声を反映していないDM(ダイレクトメール)をいくら綺麗に作成しても、全くもってトンチンカンな的外れDMになってしまう危険性があります。


こんな状況でDMを発送し続けている会社があるとすれば、本当にもったいのない事です。(DMは、ある程度の数が必要ですので、お金をドブに捨てているようなものです)


そこで、次回からは、私が過去にトライ&エラーの中から試行錯誤した事例やその中から得たノウハウやコツについてお話ししていきますので、楽しみにしていてください。


それでは明日!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ