営業マンの心得まとめ

営業の心得の本

営業トークやテクニックも重要ですが、営業マンは「心構え」もとても重要です。

そこで、今日は営業マンの心得についてまとめてみようと思います。


スポンサードリンク




営業マンの心得まとめ

営業マンはポジティブであれ

ポジティブな営業マン

これはよく言われている事ですが、実践するのはなかなか難しいですよね。
常に調子のいい状態が続けばいいですが、どんなトップセールスマンでもスランプはあるものです。

常にポジティブにいる為には、否決が続いたり、クレームを受けたり、マイナス事が起きた時に「チャンス」」だと思う癖をつけてください。

落ち込んでいても何もいい事はありません。
「こういうことが起こるのには何か意味があるはずだ」と、自分の成長に繋げましょう!

営業マンは、動きながら考えろ

歩く営業マン

営業マンとして結果を出したいのであれば、足を止めてはいけません。
考えすぎると、動けなくなってしまいます。

トップセールスマンでや業績のいい営業マンは、とにかく実際に動いてみて、トライ&エラーを繰り返す中で学んでいる傾向があります。

営業マンは学ぶのであれば、机上だけでなく「現場」から学びましょう!

営業マンは「闘争心」を燃やせ

燃えるハート

営業マンにとって、「なにくそっ」て気持ちはとても重要です。

ライバル社員には、絶対に負けないぞ!
今度こそ、上場企業から契約を取ってやる!

闘争心をメラメラと燃やし、戦う気持ちを持っているのといないのとでは、モチベーションが全く違ってきます。

あなたは、負けっぱなしでおとなしくしていますか?それとも、闘いますか!?

スタートダッシュを大切にしろ

スタート

毎月安定した数字を叩く為にもっとも重要なのは「スタートダッシュ」です。

最終日に、大口の契約をとって大逆転でノルマ達成というのは、かっこ良く思えるかもしれませんが、はっきり言って「紙一重」でしかありません。

目安としては、月半ばまでに目標の70%を達成して、後半戦は残りの30%の数字作りと、来月のネタ作りをしましょう。

継続して安定した営業マンを目指せ

ロケット

お笑い芸人ではありませんが、営業の世界にも一発屋はいるものです。

突然、信じられないような快進撃をしたと思ったら、突然、全く数字が上がらなくなる。
最悪の場合は、そのまま辞めてしまう事も営業の世界では珍しくありません。

要は、ビギナーズラックや運が良かっただけで、実力が伴っていなかったんです。
「油断」せず、常に精進して営業力に磨きをかけましょう!

まずは、自分自身を洗脳せよ

何かを成し遂げる人に共通しているのは「根拠の無い自信を持っている」ということです。

営業の仕事は、メンタルによって大きく左右されるので、「自信を持つ」という事はとても重要です。

新人営業マンでも営業未経験者でも、まずは」私は出来る!」と自分を洗脳してください。
信じられないかもしれませんが、本気で「出来る」と思っているのといないのとでは雲泥の差が生まれます。

頭に汗をかく営業マンになれ

閃き

「楽をする」のと、「効率を上げる」のは全く違います。
前者は、「サボり心」から来ますが、後者は「創意工夫」から来ます。

誰でも、一日は24時間ですので、同じ能力、行動であれば、あとは「効率アップ」です。

常に、今以上にいいやり方はないかを追求し、頭に汗をかく営業マンは、どこまでも数字を伸ばす事ができます。

自己管理を心がける

自己管理しているイメージ

「毎晩飲み歩く」「暴飲暴食」をしているのは「健康管理」が足りません。
「ついついサボってしまう」「今日は気分がのらない」これは、自己管理が出来ていません。

「今月はどうせノルマ達成は無理だからいいや」
「ノルマ達成したし、残りは適当に仕事しよう」

営業の仕事は、手を抜こうと思えばいくらでも出来てしまいます。
それだけに、自己管理がとても重要になります。

目標や夢を明確に持つ

夢見るネコ

あなたは、毎月のノルマを達成するのが目標ですか?
営業でお金を稼ぐのは、何のためですか?

別に、立派な夢や目標でなくて構いません。
問題は、数字をあげたり、お金を稼ぐのは何の為かがハッキリしているかです。

明確な目標があれば、その途中に辛いことがあったとしても踏ん張ることが出来るものです。

誠実であれ

信頼(イメージ)

契約が欲しいばっかりに嘘をついてはいけません。
誰も見ていないからといって、外回りの時にサボってはいけません。

訪問先の顧客や自分の会社の内勤スタッフから信頼される為には「誠実」である必要があります。

また、不誠実な言動を繰り返していると、周りから信頼を得られないだけでなく、自分自身が疲弊してしまいます。

営業の仕事を続けて行くためには「誠実」が大切だと覚えておいてください。

プロ意識を持て

お金

営業は他にやる事がないからするようなレベルの低い仕事ではありません。
怪しい物売りでも、使いっ走りの御用聞きでもありません。

営業とは、問題解決であり、人間心理であり、空気ビジネスであり、
営業マンは、追求すればするほど高みを目指せる仕事です。

あなたもお金をもらっている以上「営業のプロ」です。
プロならプロらしい仕事を心がけるようにしてください。

営業という仕事を好きになれ

愛する(イメージ)

世の中の営業という仕事に対するイメージは、残念ながらいいとは言えません。

「しつこい」「調子がいい」「無理やり買わされる」
こんなイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。

しかし、営業マンであるあなたは営業を好きでなくてはなりません。
好きでもない仕事に、全力を出すことは出来ないからです。


まぁ、営業に限った事ではありませんが、心得があるのとないのでは全く結果が違ってきます。
優秀な営業マンになるためにも、しっかりとした心得を持ちましょう。


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ