先日、ガイアの夜明けをたまたま見たのですが、レオパレス21のアパートの天井裏にあるべき「界壁」が無く、建築基準法違反の疑いがあるということで大問題になっていました。

レオパレスのアパートの家主が、界壁工事の4000万の見積もりを出されて困惑している様子は、本当に胸が痛かったですね・・・

本気で思いました。

組織が隠蔽している悪事はリークして膿を出し切らなきゃ駄目だって。

スポンサーリンク

昔カードマンから聞いた建築現場の信じられない話

若い頃、建築現場のカードマンのバイトをしている友人から、耳を疑うような以下のような話を聞いたことがあります。

「建築現場なんてモラルもクソもあったもんじゃない。ちょろまかすために本来必要な建築資材を使わない、生コン打つときにゴミをぶち込んだりしてるの見たことあるからね・・・」

私が直接目撃したわけではないので、ことの真相はわかりません。
また、すべての建築現場がモラルに欠けているとも思っていません。

ただ、この友人はつまらない嘘をつくタイプじゃありませんので、多分本当のことだと思います。

それに、今回のレオパレス21もそうですし、ちょっと前の東芝の粉飾決算の件、その他次々に明るみに出る組織の不祥事を鑑みれば、まだ世間に知られていない悪い意味での機密情報は山のようにあるでしょう。

隠蔽している悪事は積極的にリークすべき

会社が隠蔽している悪事をリーク

会社組織が業績を追求するのは当然ですし、またそうあるべきです。

しかし、売上至上主義が行き過ぎて、顧客を騙すなどのデタラメをしていいはずがありません。

ですから、悪事を隠蔽している組織に所属している人は、それを知ったら積極的にリークすべきです。(もちろん、証拠を集めるなど、しっかりと裏を取る必要はありますが)

「そんなことしたら会社が傾く」「組織に居られなくなる」と考える人もいると思います。

そんな方にお聞きします。

「じゃあ、会社の存続や自己保身のために、これからもずっと世間を欺いている事実を胸に抱えながら行きていくんですか?」

私なら、そんな十字架を背負いたくないですね。

ですから、本気で思います。

悪事はガンガンリークして、クソみたいな組織はドンドン潰れちゃえばいいと。

日本経済が停滞しているのは新陳代謝が少ないというのも原因のひとつですので、悪事を隠蔽している組織にはいっそ潰れてもらうのは、日本のためにもなるとすら思います。

悪事をリークした人を徹底して守るルール作りを

なかなか難しいとは思いますが、組織が隠蔽している悪事をリークした人を徹底して守るルールを作ればいいんですよ。

例えば、リークして悪事を暴いた場合は賞金を出すとか、リークした組織に居られなくなった場合は、次の職場を確保するとか。

実際には、保守的な日本の会社組織は「会社をリークした人間は危険分子」とみなして取らないと思いますが・・・

「そんなことしたら、監視社会になっちゃうよ」という意見もありそうですが、個人的には「だからと言って、悪事を隠蔽し続けるような組織が存続している方が問題」だと思います。

正義感が無くなったら人間終わり

「嘘ついちゃ駄目でしょ!」

小さい頃に親からこういう教育を受けてきたにも関わらず、いろいろな都合があるとは言え大人は組織の悪事を見て見ぬふりをしますよね。

これってどうなんですか?

私は嫌ですね。
正義を振りかざして組織に居られなくなったこともありますが、1ミリも後悔していません。

ボタン一つでSNSを使って世界中に情報を拡散できる時代です。

あなたが隠していようが、いずれ世間に知れ渡るかもしれません。

「早いか遅いかだけの違い」でしかないのに、それでも律儀に隠し続けますか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事