いきなりですが質問があります!

あなたは接客レベルの商談をしている営業マンではありませんか?

今日の記事は、この問いかけが全てなのですが、「接客レベルの営業って何だ・・・?」と思った営業マンもいると思います。

この質問に対して答えを出すためにも、接客と営業の違いを明確にしてみましょう!

スポンサーリンク

接客は対応のみだが、営業は売り込みが必要

接客営業レベルではありませんか?

接客業がレベルが低いと言うつもりはありません。

しかし、お店の店員はお客さまがきたときに「いらっしゃいませ」と言うのと、オーダーを取ったり、会計をしたりするだけで基本的には成り立ちます。

その他にも、店舗の清掃や商品の陳列・整理整頓、在庫整理や発注などの業務もありますが、お客さま対応という意味では上記が主な仕事ですよね。

ただ、営業はそういうわけにはいきません。

こちらから仕掛けないと買ってもらえない商品やサービスを扱っていますので、接客だけでは奇跡的にパックマンにでも出会えなければ売れないのが営業です。

ですから、フットワークを軽くして、多くのお客さまに対して働きかける必要があります。

接客は欲しい人に売るが、営業はニーズを入れる必要がある

お店にはウインドウショッピングを楽しむのが目的のお客さまもいますが、ニーズがあり買いに来るお客さまもいます。

もちろん、営業会社にも反響がくることがありますが、お店にくるもともとニーズがあるお客さま数に比べると圧倒的に少ないですからね。

ですから、営業マンは「買おうと思っていないお客さま」や「買おうかどうか悩んでいるお客さま」にニーズを入れて売り切る必要があるわけです。

接客はあるものを売るが、営業は自社商品を選ばせる必要がある

お店でも「今月はこの商品を売ろう!」というのはありますが、他の商品を売っても利益は上がります。

ですから、「その商品はやめたほうがいいですよ!」のような他社潰しのようなことをする必要はありません。お店に置いてあるモノが売れれば利益になるからです。

しかし、営業の場合はそんな悠長なことを言ってられません。
自社商品を選んでもらわなければならない「ゼロか百か」の世界だからです。

ですから、必要とあれば他社潰しをしてでも、自社商品を売り込む必要があります。

まとめ

当たり前のことを言うなと思った営業マンの方がいるかもしれません。
でも、現場では接客レベルの営業をしている営業マンって本当に多いんですよ。

ですから、自分の商談は本当に営業レベルなのか、一度考えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

関連キーワード



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事