営業会社に所属する営業マンに課せられる営業ノルマ。

目標というなのノルマに悩まされて、頭を抱えている営業マンも多いのではないでしょうか。

今日は、そんな営業ノルマあるあるをあげてみたいと思います。

GWですし、「うんうん」「それそれ」「あるある」と、気軽に読んでくださいね~。

スポンサーリンク

ノルマ達成のために、みなし残業・休日出勤は当たり前

営業ノルマあるある

これ、営業会社に多いんですけど、ノルマ達成のためなら残業も土日祝日出勤も当たり前って職場ありますよね。

私が過去に所属していた営業会社で最も酷いところは、年間365日のうち休みが5日間しかありませんでした。

大雪の大晦日に出勤したときは、「この出勤って意味あんのか?」と流石に思いました。

だって、テレアポしても留守ばっかりだし、流石に迷惑でしょ(笑

無理なノルマ設定

営業会社の多くは、現場の営業マンに言わせれば、「こんなの無理ゲーだよ・・・」というノルマ設定をします。

例えば、ひとり退社してマンパワーが減ったのに、その一人分の数宇を同じチームの営業マン全員に振り分けられる、毎年「前年対比アップ」が当たり前のノルマを設定してくるなど、現場の状況を無視した数字を押し付けられたことがあるのではないでしょうか。

とにかく連帯責任

自分がノルマを達成しても、チームの数字が足りないと連帯責任を取らされる組織って営業会社には多いですよね。

先程、大雪の大晦日に出勤したときを例にあげましたが、実は、私自身は軽々営業ノルマを達成していたのですが、チームの数字が足りないということで出勤していたんですよ。

もちろん、連帯責任の全てが悪いとは思いませんが、「ノルマを達成したんだから、休ませてくれよ・・・」って思うのは私だけではないはずです(笑

ノルマを達成しないと基本給が減る

基本給があるものの、ノルマ未達成だと基本給が減る営業会社ってありますよね。

フルコミ(完全歩合給)の会社であれば数字によって報酬が変わるのは納得いきますが、基本給が減るのって凄いですよね。

こういう会社は「営業マンを使い捨てと考えている」ことが多いので気をつけましょう・・・

ノルマ未達は詰めや吊し上げが半端ない

ノルマを達成できない営業マンに対して、人格が崩壊してしまいそうなくらい激しく詰めたり、吊し上げる会社ってありますよね。

私は、朝礼で数時間罵倒される、殴る蹴る、土下座で謝罪させられるという、非人間的扱いをしている営業会社があると聞いたことがあります。

恐ろしい・・・

あなたの会社がもし当てはまるなら、秒で辞めないと病になりますよ・・・

ノルマ達成のために押し売りや買取をする

ノルマを達成できないと、余裕がないのでお客さまに対して押し売りをしてしまったり、それも出来ないときには自分で商品を買い取ったりする営業マンっていますよね。

ノルマのために、常にピリピリしていたり、空気が悪い組織が多いのも営業会社あるあるですね・・・

実は楽々ノルマを達成しちゃってる

大きな声では言えないけど、ノルマなんて楽勝というタイプいますよね。
もしかして、あなたもそうじゃないですか(笑

ちなみに、私もノルマの200%の数字を出したり、余りに大きな契約が決まって月初にノルマを達成してしまったことがあります(笑

悪質なノルマに苦しんでいる営業マンには、もう少しマシな営業会社があることを知ってもらいたいな~。

最後に

あなたの会社では、どんなノルマを課せられていますか?

よかったらコメント欄にノルマについて書いてください。
愚痴でも構いませんよ(笑