先日、こんな記事を書きました。

【参考】24日にCEに上場する仮想通貨VIPSにイナゴするという稼ぎ方

コミュニティでこの件について質問があったので、それなりに興味がある方もいたと思いますが、結論から言えば、注文は出せたものの買うことができなかったんですよ。

情報だけじゃだめ、経験がモノを言うとつくづく思ったので、今回の経緯と合わせてお話します!

スポンサーリンク

24日に3日分のVIPSコインが即完売して買えず

VIPS上場で買えなかったことから学んだこと

正直、今回のVIPSコインに関しては、全開のNANJコインのときの暴騰、そして、コミュニティの盛り上がりなどから、「ほぼ確実に値上がりする」と踏んでいました。

ですから、24日はCE(取引所)のマーケットのページをPCとスマホの両方で開いて臨戦態勢だったんです(笑

幸いなことに、CEとVIPS運営側のトラブルもあって、日中の売出しではなく夕方18:30頃に売り出されたので、一時仕事を中断してPCに張り付けたんです。

事前情報で、VIPS運営がコイン1枚を2satで売り出すと聞いていたので、私も2satに注文を出したのですが問題はここから。

板を見たら2sat以下で売り出されているし、4sat以上で注文を出している人もいるんですね。

当ブログは仮想通貨ブログではないので詳しい解説はしませんが、板取引は価格が高い注文から約定しますので、4sat以上の注文が膨大にある状態で2satの注文が約定するはずがありません。

あっという間に3日間に分けて売り出す200億円分のVIPSコインが売り切れてしまってジ・エンドという結末を迎えました。

やっぱり経験に勝るものなし

私は仮想通貨を去年の12月から初めたのですが、これまではリップルなどの主要アルトコインを安いときにかってガチホ、あとはビットコインFXでトレードするという2つの手法だけしかしていないので、上場銘柄位は今回が初めての経験だったんです。

ですから、「2satで買えたらラッキー」くらいの気持ちでお祭りに参加したのですが、もし、私が過去に上場銘柄に手を出した経験があれば違う戦略を取っていたでしょう。

そうです。
敢えて4satなど高めに注文を出して、上場時の急騰で一時的に高値になったところで売り抜くという方法です。

ちなみに、この記事を書いている現在のVIPSコインの価格は13satです。
昨日、4satで購入し13satで今日売り抜ければ、資産が3倍になっていました。

経験が加わって初めて役に立つ情報になる

ちょうどいい経験をしたので仮想通貨を例に出して話しましたが、これって何にでも当てはまりますよね。

我々が日々奮闘している営業の世界もそうですし。

スマホ一台で簡単に情報が集められるのは便利ですが、経験を伴わない情報には何の価値もありません。例えそれが他人の経験に基づいた情報であってもです。

やっぱり、自分で経験してみないことには、本質に気づくことはできませんから。

いい勉強をさせてもらいました。