営業職を敬遠する人は多いし、実際に営業部に配属されて結果を出せず病んでしまうビジネスマンも多いのは確かです。

しかし、私自身はどうかと言えば、「サラリーマンにならなくて良かった!」と心の底から思います。

だって、サラリーマンってぬるま湯ですもん。

こんなことを言うと批判がきそうですが、それを覚悟で法人営業マン時代に訪問先の企業でビジネスマンたちを見て感じたことを書いてみます!

スポンサーリンク

危機感がない

サラリーマンにならないで良かった点

私が最も感じたのが、固定給や福利厚生などの高待遇で長年会社に守って貰い続けることで、多くのビジネスマンは危機感を失っているという点です。

まぁ、のんびりやってますよ。
だって、やってもやらなくても給与は変わらないんですから。

ブラック企業を肯定する気はさらさらありませんが、あまりに恵まれた環境にいると人間って堕落しちゃうんですね。

以前に当ブログに書いたことがありますが、とある有名飲食チェーンに商談に行ったときに、先方の担当者が代一声で放った言葉に耳を疑いましたよ。

「あなたのような営業マンが来てくれると、商談時間中サボれるからありがたいんだよね」

名刺を見たらけっこうな役職についている方なんです。

「こんな人材を飼っておけるなんて、随分余裕がある企業なんだな・・・」ってめまいがしました。

会社の成長より自己保身

私が経営コンサルの法人営業マンだったことはご存知だと思います。

そして、商談のほとんどは代表や役員などの経営者層なのですが、やっぱり企業によっては担当者と商談せざるを得ないことがあったんです。

こんなことを言うと人間性を疑われるかもしれませんが、私はこの担当者との商談が大嫌いでした。

「話が長い」「話が回りくどい」「理解が遅い」「営業マンを見下す」etc

嫌いな理由は山程ありますが、その中でもっとも嫌いだったのが「自己保身」です。

会社のためになると分かっていても、自分の立場が危うくなることには反対する。
「そんなの当たり前だろ!」と思いましたか?

ただ、そういう人間が沢山いるから、誰もが知っている大企業で決算を粉飾するような事態が起きてしまうんですよ。

だいたい、そんな人間が沢山いてそれぞれが保身ばかりを考えていたら、いずれは企業が衰退して結局自分の身に降り掛かってくるって思わないんでしょうか・・・

最後に

もちろん、志も意識も高い頑張っているビジネスマンも沢山いますよ。
ですから、例外がないとは言いませんが、やっぱり緩い方が多いのは事実です。

私が働いていた営業会社には、高学歴だったり、有名企業で働いていた方が沢山転職で入ってきましたが、その中でトップセールスどころかそこそこ売れる営業マンになれた方すらいませんでしたからね。

会社の待遇や商品やサービスにケチをつけるばっかりで、自分の至らなさに関してはノータッチ。

「そんなんだから、大企業でも通用しないでここに来たんだろうが!」って、心の中で軽蔑していました。


さて、この記事はサラリーマン批判が目的ではなく、営業マンに「営業職のすばらしさ」に気が付いてもらいたいのが目的です。

この記事を読んでも「安定が欲しい」と思うのであれば、サラリーマンになればいいですが、今後の変化が激しい時代に安定なんてないし、もし、大企業のビジネスマンという立場を失ったらオワコンになるという事実があることだけは忘れないほうがいいですよ。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事