動いている割には痩せない。営業マンが太る理由

体重オーバー

外回りの営業というと、「歩く」「動き回る」というイメージがあるが、以外と痩せないものです。

営業マンたるもの「体が資本」「健康第一」ですので、その理由について考えてみます。


スポンサードリンク




私は長年営業の仕事に携わっていましたし、個人宅を回る訪問販売時代には、団地の階段を駆け上ったりしていました。
「俺って仕事中にけっこう動いてるよな」なんて思っていたものですが、その割りには痩せるわけではありません。

もしかしたら、当ブログを読んでいるあなたもそうかもしれませんよね。

そこで、動いている割には痩せない理由を考えてみました。

【営業マンが痩せない理由】

不規則な生活

営業の仕事って、時間で終了という仕事ではありませんので、数字が足りなければ残業も厭わないという職場が多いものです。

そうなると、家に帰宅するのが夜の10:00過ぎとかだったりして、それから超遅い夕食…
これじゃあ、痩せれませんよね。

また、夜遅く食べるものだから、朝食は食べずに出かけるようになって一日2食になり、体が脂肪を蓄えるように…
こんな悪循環って思い当たりませんか!?

ストレス食い・飲み

これ、過去を振り返って見ても、かなり見かけるタイプの営業マンです。

「食べなきゃ持たない」「飲まずにやってられるか」

こんな感じで飲み食いするのですが、ストレス発散のために飲み食いする場合は、栄養のバランスを考えたりする事もなければ、食べる量が多くなったりします。

まぁ、いくら動いてもそれ以上に食べちゃってるっていうケースですね。

外食が多くなる

外回りをしていると、どうしても外食が多くなりがちです。

朝は、コンビニ。
昼は、お弁当。
夜は、どこかのお店で。

こんな風にしていたら、どうしても塩分の多いものや、揚げ物などカロリーの高いものが多くなります。
まぁ、痩せませんね。

営業車を使う営業マンはそもそも歩かない

営業マンの中には、営業車を使っている人も多いと思いますが、これはもう説明は要りませんよね。

「いや、営業車は使っているけど、ちょくちょく降りて歩いているよ!」
もし、そう思われるのであれば、万歩計をつけて計ってみてください。

以外と歩いていないことに驚くはずです。

付き合いが多くなる

今時、接待接待という会社も一部の業界を除けば少なくなったと思いますが、それでも「お付き合い」ってありますよね。

自分は摂生しようと思っていても、取引先の社長とのランチミーティングが入ったり、また、取引先じゃなくて、会社の飲み会の付き合いがあったり(営業会社って、飲み好きなやつ多いからなぁ〜)

まぁ、気が弱くて断れず、毎回参加しているようでは痩せられませんね。


他にも色々あると思いますが、結論から言えば、仕事だけしていても痩せなということです。(胃下垂とか体質的に太らない人が羨ましい)

私もそうですが、営業で痩せた経験ってほとんどありません。
やっぱり、食事に気をつけたり、筋トレ、有酸素運動などをしたりしなければ、年齢を重ねるごとに、体重も重ねることになります。


思うんですけど、営業マンって体のキレが悪くなると疲れが倍増しますよね!?
ということで、私も近所のスポーツジムに行って、体質改善に取り組んでいるところです。


お互い健康には気をつけましょうね!


スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ