営業職の離職率が高いのは周知の事実ですが、その原因のひとつに新人営業マンに対する間違えた対応や考え方があります。

ほとんどの営業会社では受け入れ体制がなってないんですよね。
もっと全力で新人営業マンを迎えなきゃだめですよ。

もしかしたら、間違った考え方や対応のせいで「将来の天才的営業マン」の芽を摘んじゃっているかもしれないとて考えたことはありますか?

いくつか例を上げますので、新人営業マンがいまいち定着しない営業会社のマネージャーや営業マンは当てはまるものがないかどうかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

新人営業マンに過度な期待をする

爽やかな新人営業マン

私は以下の言葉を聞くと違和感を感じます。
「新人営業マンが入社してくるから、新しい風が吹くね!」

情けない。
「爽やかな風くらい自分達で吹かせろよな・・・」って本気で思います。

新人営業マンは、マンネリした組織のために存在するわけではないですからね。

「この職場は雰囲気がいいな!」と新人営業マンが思うようにしておくのが当然です。

暇な先輩社員に面倒をみさせる

営業会社では、売れている営業マンになればなるほど忙しくなるので、たいして売れていない暇な先輩営業マンが指導役になることが多いです。

ただ、これは百害あって一利なしですよ。

マインドや行動などに「売れない原因」がある営業マンと新人営業マンをペアするなんて、息の根を止めるつもりなのかって思います。

最初が肝心なんですよ。

まっさらな新人営業マンに、結果が出ていない営業マンをくっつけるべきではありません。

少し様子を見よう的な対応

初めて社会人になったときや、転職したときなどを思い出せば分かると思いますが、初めて職場に出社するときの緊張感って半端ないですよね。

ですから、先輩営業マンをはじめ、職場のメンバー全員で歓迎してあげる必要があります。

「仲間になりたければ、あっちからやってくるでしょ!」のように様子見はいけません。

特に、最近の若いビジネスパーソンはコミュニケーションに苦手意識を持っている場合が多いので危険です。

執拗に仲間に誘い込む

矛盾しているようですが、「少し様子を見よう的な対応」も間違っていますが、「執拗に仲間に誘い込む」のも間違っています。

「手っ取り早く距離を縮めるために飲みにでも誘うか!」みたいなノリってあるじゃないですか。

でも、新人営業マンは「新しい職場環境」「新しい人間関係「(商品などの)新しい情報」などで消耗しているんですね。

ですから、執拗に誘うのは逆効果になってしまいます。

理不尽なしごき・いじめ

昔より少なくなったとはいえ、営業会社は「体育会系」のところが多く、新人営業マンへの洗礼じゃないですが、運動部でいう「理不尽なしごき」のようなことをする先輩社員っていますよね。

これ本当に問題です。

頭のいい人ほど「馬鹿みたいだな」とやる気を無くしてしまいます。

特に、マネージャーによる「部下の教育」と思い込んでいる行き過ぎたお説教は「パワハラ」意外の何ものでもありません。

自分で考えなさい

「魚ではなく、魚の釣り方が大事なんだ!」
「最初は苦労するくらいがちょうどいい」

分かったようなことを言っているわりには、全然新人営業マンが育たない組織ってありますよね。

ただ、新人営業マンにとって最も必要なものは「最初の1件の契約(結果)」なんですね。これが出るまでは不安で不安でしょうがないわけです。

そもそも自分で考えようにも、新人営業マンには経験がありません。
どうやって正解を導き出せというつもりなんでしょうか。

意味不明です。

まとめ

当たり前ですが、新人営業マンは人生かかってるんです。
特に新卒の場合、最初の会社の影響は本当に大きい。

だから、新人営業マンへの対応や考え方を絶対に間違えてはいけないと、強く自覚して実践する必要があるんです!