アパホテル 元谷芙美子社長の『絶対に不幸にならない人のルール』という記事を見つけました。

とってもいい内容だったので、是非読んでみてください。

【参考】アパホテル 元谷芙美子社長の『絶対に不幸にならない人のルール』

さて、この記事の題名「絶対に不幸にならない人のルール」に対して何を感じますか?

「成功者の論理だ」「成功後の後付だ」「絶対に不幸にならんないなんてあり得ない」と思いますか?

私も度々言っていますが、世の中に絶対はありません。
しかし、この不幸にならないという点に関しては、絶対が存在すると思っています。

「自分は不幸だ」「何で不幸なことがこんなに続くんだ?」という方は、今日の記事を読んでじっくりと考えてみてください。

スポンサーリンク

これ以上ない不幸を経験して思うこと

当ブログでは、私が経験したマイナスごとも隠さず書いてありますので、昔からの読者の方は知っていると思いますが、私は40才前後の厄年の頃に、信じられないような不幸の連鎖が起こりました。

  • 父親の自殺
  • 母が肺癌で他界
  • 祖父母の他界
  • 親戚トラブルに巻き込まれ疎遠に
  • 起業仲間に裏切られて失職
  • 妻の不倫発覚と家出
  • 交通事故による怪我と通院

このような不幸が厄年である数年間の間に次々と襲ってきたんです。

ちなみに、上記は代表的なものだけで、細かいものを入れたら数え切れないほどのマイナスごとが起こりました。

「完全に不幸の連鎖に飲み込まれた・・・」
当時は、不幸が永遠に続くとさえ思えたくらいです。

そうそう、「自分の不幸が大切な人に影響してはならない」と、自ら人間関係を切りまくったので、友人・知人もほとんどいなくなりました。

まさに、天涯孤独とはこのことです。
朝起きて夜寝るまで、一言も発しない日が当たり前になりました。

これ以上、過去の不幸話をしても意味が無いのでやめますが、その当時は「もうダメだ」と究極まで追い詰められたことを覚えています。

でもですよ。
でも、今も生きてます(笑

そして、思いました。
「あの当時の不幸って、自分次第でどうにでもなったのではないのか?」と。

不幸は概念でしかない

不幸にならない方法

よく考えてみて欲しいのですが、不幸ってなんですか?

「不幸は不幸だよ。幸せではないことに決まってるじゃん」と思った方。
そういうことを問うてるわけではありません。

不幸には形はありませんよね?
また、Aさんにとっての不幸は、Bさんにとっては不幸ではないかもしれません。

要するに、不幸は概念でしかないわけです。
自分の考え方ひとつでどうにでもなる性質のものなんですよ。

私が「絶対に不幸にならない方法は存在する」と断言するのは、不幸は自分の考え方次第だからです。


例えば、先程言った通り、私は40才前後の厄年の頃に本当に苦しみました。

父親が自殺、その後すぐに末期がんの母も亡くすなんて、なかなかあることではありません。

でも、世の中には、生まれながらにして両親がいない方だって大勢いらっしゃるわけです。そういう方々に比べたら、微かではありますが、小さい頃に両親に可愛がってもらった記憶がある私は幸せものではないかと思うんです。

他人への嫉妬をやめよう

あと、不幸にならないコツとして、他人への嫉妬をやめるというものがあります。

だって、上見たらキリがないですから。

私の知り合いには、資産が○億円とか、自由億の方もいらっしゃいますが、そういう「よほどのことがなければ、経済的に困ることはまずない」という方々が全員幸せかというと、そんなことはないんですよね。

「あいつの方が俺より資産を持ってる!」と、他人への嫉妬ばかりの人は、億の資産を持っていても心が平穏な日が訪れる日はありません。

最後に

「でも、嫉妬心や羨ましいという気持ちを失ったら、向上しないのでは?」と思う方もいるかもしれませんので、ひとつアドバイスを!

嫉妬は他人との比較が原因ですので、比較するのであれば「昨日の自分との比較」にしましょう!

「そんな話、前にも聞いたことあるわ!」とスルーしないで、あとちょっとですので最後まで読んでください。

他人との比較がくだらないのは、「嫉妬心を生むから」だけが理由ではありません。

他人との比較の場合、自分以外の他人が落ちていくことで、自分は全然成長していないのに勝ってしまうという可能性があるからです。

これってどう思いますか?

いかに「他人との比較がくだらない」か、わかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. フクロウ より:

    世界一幸福になる方法も同じ事ですねよ(^-^)

    • 営業コンサルタント@白井勝 より:

      フクロウさん
      コメントありがとうございます。

      逆もまたしかりですね(笑

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事