最近は、休みの日に仮想通貨の情報収集やチャートを見るのが習慣になっているのですが、久々にいいタイミングでXRP(リップル)を購入することが出来ました!

この記事を書いている2月10日16:39時点での含み益は、
約13万7千円!

やっぱり、仮想通貨の爆発力は凄いですね。

もっと思い切って突っ込めばよかったのですが、25万円しか突っ込めなかった自分が情けない(笑

ただ、これまで営業一筋の人生だったので、大勝負をしたい気持ちをグッと堪えて小額で勉強しています。

もしかしたら、仮想通貨に興味を持っていても始められない方も多いと思いますので、「成功すれば美味しい思いができる」という事例として、今回の経緯をお話したいと思います。

但し、内容は超初心者レベルですので、投資経験がある人の参考になる情報はひとつもありません。

また、「そんな美味しいならやろう!」と飛びつくと痛い目に合いますので、自己責任ということを肝に銘じて慎重に始めることを強くお勧めします。

スポンサーリンク

リップルが超暴騰

リプル暴騰チャート

※ 画像引用:ビットバンク

まずは、上図を見てください。

これは、XRP/JPYの1時間のチャートなのですが、画面の半分から少し下に引いてある赤線(86.672)の辺りから、ほぼ垂直に上がってますよね。

まさにムーンとはこのことだ!というチャートです。

2018月1月14日に、過去最高の400円超の価格をつけたリップルですが、その後1月17日までの3日間で約50円まで暴落。

その後、1月19日に約198円まで反発したのですが、その後2月6日に約61円の底を打つまで下降トレンドだったんです。

その後、86円付近まで値を戻したものの、2月9日までよこよこで方向性を失っていました。

そのよこよこが終了して、今回の暴騰となったわけです!

83.9円で25万円分の2978xrpを購入

私は案の定「2月6日に約61円の底」を逃して悔しかったのですが、その後よこよこになって方向性を失ったので、「これが終わるときには、どちらかに大きく動きそうだな」と思いました。

ただ、「必ず上がる」という確信は無かったので、リップルのために用意してあった軍資金50万円の半分の25万円を突っ込んだというわけです。

83.9円でエントリーしたら、その後グングンと価格が上昇し、13万円もの含み益を出したのは記事の冒頭でお話した通り。

底ではありませんでしたが、なかなかいいタイミングで入れてラッキーでした。

問題はどこで利確するか

80円台でリップルが買えたところまでは良かったのですが、問題はこのままガチホするか、それとも利確するかです。

連休明けの13日には、今口座が凍結されているCC(コインチェック)に動きがあるようなので、その情報次第では更に上昇する可能性もありますし、下降する可能性もあるんですよね。

上がるか下がるか2つにひとつですから当たり前といえば当たり前なのですが、これを詠むのは非常に難しいですから(笑

さて、どうするかな・・・

最後に

私は、CCが凍結されて依頼、いろいろな取引所を使ってみましたが、ビットバンクが使いやすいと感じています。

特に、チャート画面がとっても見やすいのが高評価ですね。