今日は、仮想通貨で思いっきりやらかした件について、恥を偲んで書こうと思います。

理由は、「事前準備」と「経験」の大切さを再確認できたから。

ちょっと投資の経験がある方であれば、絶対にやらかさない小学生レベルの内容ですので、笑いながら読んでやってください(笑

スポンサーリンク

絶好の買い増しのチャンスが到来

リップル買い増しチャンス

ご存知の方も多いと思いますが、2月の6日にビットコインを始めとした仮想通貨が大暴落しました。

私が買い増したいXRP(リップル)というアルトコインも例外ではなく、60円台という超安値まで下がったんですね。

しかも、2月2日に65円まで下がったときに底値で買えず、「もうこんな買い増しチャンスは今年は来ないかもしれない・・・」と思っていたところに再度チャンスがきたのですから、「神様ありがとう!」と叫びたくなるような大チャンスだったんです。

そうです。

私はこんな大チャンスのときに、やらかしてしまいました・・・

新しい取引所に送金するも着金しない

2月6日は、仕事で外出する予定はない内勤日。
そんな日に大暴落が起きたのですから、これほどのチャンスはありません。

ただ、CC(コインチェック)が使えないので、国内の取引所でXRP(リップル)が購入できるビットバンクの口座を事前に開設しておいたんです。

「準備しておいてよかった!」

ワクワクしながら、ビットバンクの口座に日本円を送金したのですが、そのときにやってしまいました。

それは、「即時反映に必要な入金番号」を振込名義人の氏名の前に付け忘れてしまったんです。

どんどん値下がりするチャートが気になっていたのもありますが、ネットバンキングで振り込むのが初めてだったので、うっかりしてしまったんですよ。

案の定、何分たっても何時間たっても入金が反映されず、当記事を書いている2月8日にやっと反映されました。(ビットバンクは何も悪くありませんので、誤解のないように)

当然ですが時既に遅し。
反発してあっという間にXRP(リップル)は85円位まで上がってしまいました・・・

事前準備と経験は大切ですね

このやらかしたことで、事前準備と経験の大切さを再確認できました。

事前準備に関しては、もっと早く原資を入金しておけば良かったわけですよね。

グングン価格が下がっていく中、慌ててネットバンクを使って初めて振り込んだりするから「凡ミス」をやらかすわけです。

あと、それまで使い勝手が良かったCC(コインチェック)だけしか使っていなかった「経験の少なさ」も仇になりました。

あまりに悔しくて知り合いの投資家に話したら、「俺も去年全く同じことをやらかしたよ」と笑ってたんですよね。

もちろん、本業もありますから仮想通貨ばっかりやっているわけにはいかないのですが、1つの取引所だけでなく、他の取引所でも仮想通貨の購入などを経験しておくべきでした。

最後に

今回は「入金番号忘れ」というミスでビットバンクさんにはお手間を書けてしまいましたが、メール対応など素晴らしかったので、取引所開設しようとしているのであればおすすめです。

それと、仮想通貨を例に話しましたが、営業も事前準備と経験が大切なのは同じですよ。