営業マンの悩みや疑問・質問に答える「営業Q&A」
今回は初めての会食の注意点と紹介してもらう方法という質問に対する回答をお送りします!

※ 以下のお問い合わせのページや記事下のコメント欄から質問を頂ければ、営業.biz運営者が必ず回答致します。

無料メール相談はこちら

スポンサーリンク

今回の質問

当ブログの読者で質問の常連さんの方から以下のような質問がきました。
まずは、内容をご紹介します。

白井さん おはようございます。
いつもブログを拝見させていただいております。

白井さんのブログを参考に日々アウトプットを心がけているので、今年に入って仕事が順調にいっております。

いつもありがとうございます。

今年初めての質問をさせていただきます。

この度お取り引きをしていただいているお客様(人事担当の方)とお食事をする運びとなりました。

人材が集まらない中、採用に成功してとてもいい評価をいただき、「今度飲みにいこう!」と誘っていただきました。

とても嬉しかったのですが、お客様と飲みにいくことが初めてなので、気になる点をご相談したいと思います。

まず1点目ですが、食事会を行うにあたっての注意点などございますか。

上司からは仕事の話をあまりしないで、まずは楽しくお食事が出来るように心がけることと言われております。お客様は男性1人(決裁権を持っている方)と女性1人(私を決裁権をもっている方に推してくれた方)との食事です。

仕事の話を中心にするつもりはもちろんありませんが、何か次に繫がればいいと思っているので、少し仕事の話もしたいとは思っております。

2点目は食事会の時に仕事の話をする点と類似しておりますが、ご紹介していただく際の注意点です。

年末のご挨拶に伺った時に、同業他社との忘年会があったようで、そこで求人を集めることに成功したことを話したら他の会社の人事の方が非常にうらやましいとおっしゃっていたそうです。

そこで食事会の時に他の会社の人事の方を紹介していただけたらとても嬉しいと思っていますが、単純に「他の会社の人事の方を紹介してください」とは言いにくいですよね…。

ご紹介をしてもらうにあたり、こちらから紹介していただけるような方向にどうやったら持っていけるでしょうか。

白井さんのご意見を伺い、実践してみたいと思っております。
よろしくお願いします。

じゅんぴ


質問に対する回答

じゅんぴさん、お久しぶりです!
相変わらず熱心ですね。
感心、感心。

さて、それでは今回の質問に対する回答をさせて頂きますね!

食事会での注意点について

取引先との飲み会の注意点

まずは「食事会での注意点」についてですが、「紹介に繋げる」という部分以外にも気をつけるべき点があるので教えします。

まず、食事という三大欲求を満たす行為は「本能的な行為」ですので、非常に人間性が出やすいので注意してください。

フランス料理のディナーや懐石料理などではなさそうなので、「フォークやナイフを使う順番」のようなマナーの心配は必要なさそうですが、油断すると大変なことになります。

食べ方が汚ければ「育ちが悪い」とガッカリさせてしまうかもしれません。また、お酌などの気遣い・心配りに関しても、度が過ぎれば「堅苦しい人だな」と思われてしまいます。(しなければしないで、気が利かないと思われる可能性もある)

私も、食事に誘われたり、ランチをしながら商談した経験がありますが、正直言って普段の商談の数倍緊張しますからね。

では、どうしたらいいかですが、「相手の方に合わせる」のがセオリーです。

先程いった通り、食事はその人の人間性が出やすいので、自分の人間性が出てしまいやすいのと同じで、相手の人間性をしっかり観察して合わせるといいですよ。

それと、上司の方の言っている通り「楽しむ」のが一番です。

どんな内容の話をするかに関しても、相手に合わせる必要がありますが、基本的にはお誘いくださったお相手が話しやすいように、こちらから誘い水(質問)をするといいですよ。

上手にプライベートの話を引き出せれば大成功。

そして、「同調」や「共感」をすれば、お相手はじゅんぴさんのことを「単なる営業マン以上の存在」と思ってくれるでしょう。

紹介を貰う際の注意点

次に紹介を貰うときの注意点ですが、結論から言えば「無理してその場で貰いにいかない」が正解になります。

その場では思いっきり楽しんで意気投合すれば、後日改めて紹介を促すことも出来ますからね。

ただ、そうは言っても「紹介に繋げたい」という気持ちもわかりますので、私ならこうするという方法をひとつだけお教えします。

それは、同業他社との忘年会があったようで、そこで求人を集めることに成功したことを話したら他の会社の人事の方が非常にうらやましいとおっしゃっていたを上手く使いこのように言います。

「先日は、弊社のことを忘年会でお話して頂いたようで、本当にありがとうございます。今後の営業活動の参考にしたいので、そちらの会社さまの人事の方がどのようにおっしゃっていたか、もう少し具体的にお教えくださいませんでしょうか?」

こんな感じであれば、いやらしくないですし、自然と紹介に近い方向に話を誘導できますよね!

あとは、じゅんぴさんのキャラとお相手の方のタイプを考慮して、どんな切り込み方をすればいいかアレンジしてみてください。

回答は以上です。

ただ、飲みに誘われる時点で素晴らしいことですので、今後も取引先に喜ばれるような仕事を心がけて頑張ってください!

最後に

「私も相談したことがある!」「営業の仕事で悩んでます…」
こんな方は、遠慮なく以下のページからご質問くださいね!

無料メール相談はこちら