仮想通貨の確定申告

仮想通貨の確定申告で頭を悩ませている方って多いのではないでしょうか。

私は、昨年度は小額で試した「様子見程度」だったので、今回の確定申告は問題ありません。

しかし、今後のこともありますし、面と向かって税理士に話を聞いてきたのですが・・・
正直、頭が痛くなりました(笑

仮想通貨の税制は、投資家に不利だし、面倒臭過ぎる。
これは、あかんわ。

今日は、こんなお話を。

スポンサーリンク

仮想通貨の確定申告は想像を絶する手間がかかる

始めに言っておきますが、税理士法違反にはなりたくないので書けないことが多いです。

ただ、私は性格上100%納得しないと気がすまないタイプなので、決算の打ち合わせ後に1.5時間に渡って事前に準備した質問をぶつけてみたのですが・・・

こりゃあダメだ・・・
ガチホガチホ

※ ガチホはガチホールドの意味で、購入した仮想通貨を日本円に替えて利確せずに持ち続けること

めちゃくちゃ笑ったのは、私の顧問税理士さんの知り合いの税理士事務所に、「自分ではどうにもならん!」とうことで泣きついてきた投資家がいるらしいのですが、なんと取引履歴数万件以上がエクセルシートにまとめられていたそうです(爆笑

どんだけ売り買い、仮想通貨同士の交換したらそうなるんだ?

あと、検索エンジンで上位表示されている税理士事務所には、仮想通貨の確定申告の問い合わせが殺到してパンク状態らしいですよ。

本当に税理士さんから教えてもらった詳細を書きたいのですが税理士法が怖くてかけません。

ただ、徹底的に話を聞いて感じたのは、「まぁ、このくらいでいいだろ!」みたいなのは絶対に通用しないということ。

当たり前って言えば当たり前ですが、仮想通貨の単位って細かいじゃないですか。取引が多い人は、その全てをきっちり把握するのは並大抵ではありませんよ。

ですから、私は今持っている仮想通貨はガチホで長期保有と決めました。

ただ、この記事を書いている最中にも、コインチェックがネムをハッキングされたという情報が入ってきていますし、ハッキング以外にもセルフGOXとかの可能性もありますから、長期保有しているとリスクに晒されているんですけどね・・・

確定申告は税理士に依頼するのも手です

仮想通貨の確定申告の手間を考えたら、税理士に丸投げしちゃった方がいいかもしれません。

仮想通貨の値動きは激しいですので、確定申告の用意をしている間に機会損失する可能性もありますからね。

あと、自分でやって後々修正申告とか地獄ですよ、本当に・・・

税理士の料金を安くしたい方はコチラ