トップ営業マンは結果主義

トップ営業マンの多くは、超がつくほどの結果主義の人間が多いです。

「プロセスが云々・・・」と言ったところで、オーダー用紙を持ってくることが出来なければ評価されないのが営業の世界ですからね。

ですから、結果を残し続けたからこそトップに君臨しているトップ営業マンが結果主義なのは、当然と言えば当然のことなわけです。

ただ、売れない営業マンの多くが甘っちょろい考えを持っていますので、「ごちゃごちゃ言ってないで、結果をもってこい!」という意味を込めて、トップ営業マンが結果主義な理由についてお話しします!

スポンサーリンク

結果がなければ寝ていたのと同じ

めちゃくちゃ強烈なことを言いますね!

1ヶ月間、寝る間を惜しんで働いたとしても、結果がなければ寝ていたのと同じです!

更に言えば、契約も取れないのに働き続けるのであれば、本当に寝ていたほうがマシです。本人の為にもなりませんし、会社は売上の無い営業マンのために、交通費や電話代などの経費を負担しなければなりません。

寝る間を惜しんで働いたのに、寝ていたのと同じ結果なんて皮肉ですね。

トップ営業マンは、とってもシビアですので、自分のためにも会社のためにもならない「無駄働き」をするつもりがないので結果主義なんです!

営業マンの正義は結果を出すこと

トップ営業マンは「結果を出しづつけることが営業マンにとっての正義だ!」と知っています。

結果を出せば自分の収入に反映されるだけでなく、会社の業績にも貢献できますからね。

そして、もっと言えば「結果を出すことがお客さまのため」でもあるんですよ。

あなたが結果を出せずに営業を辞めることになったら、既存のお客さんはどう思うでしょうか?

「私を信用してください!」と言って契約を促す営業マンは多いですが、「何だよ、口ばっかりだな・・・」ってお客さんは裏切られた気持ちになるでしょうね。

ですから、トップ営業マンはそういうことまで考えているので、結果主義を貫いているんです!

プロセスより結果が大事

これは、個人的見解でもありますが、結果さえ出せばプロセスなんて関係ありません。

例えば、1ヶ月に10日しか出社しなくても、目標達成できるのであれば何の問題もありません。残りの20日は遊ぼうが海外旅行に出かけようが構わないと思います。(現実的には、そんなに甘くはありませんが)

毎日、真面目に出勤して、手を抜かずにプロセスを踏んで頑張ることに、何の価値もありません。

日本人は、「私は真面目に頑張っている!」というアピールが好きですが、真面目が業績になるのであれば、そんなに楽なことはありませんよ。

トップ営業マンは「結果も無いのにプロセスをアピールするのは、言い訳人間だ!」と知っていますので、結果主義なんです!

最後に

さて、矛盾するようなことを最後に言いますね。

私はめちゃくちゃ努力しますので、世の中の多くの営業マンよりプロセスを踏んでいます。

「なんだそれ?」と思いましたか?
でも、本当のことだからしょうがありません(笑

ただ、「これだけ頑張っているのに!」と考えないんですよね。

お金をもらっている以上「プロ営業マン」なわけですから、努力なんて当たり前だと思っているからです!