人は見た目が9割!営業マンも見た目が9割!?

営業マンたるもの身だしなみには、十分に気を付けたいところです。

最近はおしゃれな営業マンも多いので「仕事中も個性を出していきたい」と思っているかもしれませんが、どこまでが許されるのでしょうか…

私の失敗談等も含めてご紹介します。


スポンサードリンク




身だしなみを整える
営業マンの身だしなみとして、もっとも重要なことは「清潔感」と「仕事が出来るように見えるか」の2点です。もし、自分の身だしなみで悩むような事があったらこの2点を軸に考えてみてください。

それでは、具体的にお話ししますね。

髪型

最近は女性に限らず男性もおしゃれな髪型の人が増えてきましたね。

私は、7:3分けにしろなんて言うつもりはありません(笑
しかし、年配の方の中には茶髪やロン毛に対して嫌悪感を示す人がいることも事実です。

私の見解ですが、「茶髪」「ロン毛」「襟足や耳に髪がかかっている」というような事が無く、清潔感があればいいのではないでしょうか。

女性の場合は、金髪とかでなければ、ほんの少し茶色いくらいなら許されると思います。(真黒だと重たいイメージになってしまう人もいますので)

2017 流行る髪形オーダーBOOK (サンマガジンムック)
by カエレバ

「芸能人は歯が命」「営業マンは顔が命」です。
(なんか今日はこんなんばっかりですね)

顔に関しては、ちょっと細かくいきますね。

眉を整える

ほとんどの人は自然でいいと思います。
両眉が繋がりそうな人はお手入れをしてください。

ホストみたいな細眉は避けた方が無難なのは説明するまでもありませんよね。

鼻毛のチェック

女性で鼻毛が出ている人はいないと思いますが、以外に男性には多いものです。(笑った時にピョンっと出てきたり…)

私は相手が鼻毛を出していたら気になって話どころではありません(笑
ちゃんとお手入れしましょう!

髭は剃る

最近、若いビジネスマンで髭を生やしている人がいますが、私の見解では避けた方がいいと思います。

40才過ぎの貫録のある男性の整った髭はかっこいいですが若い人の髭はそう見えません。
清潔感という部分でもマイナスになるリスクもあります。

産毛の処理

これ、以外に女性に多いんです。

男性は髭を剃ったり顔を剃ったりする習慣がありますが女性にはありません。

「化粧をしても顔の産毛が目だっている…」
こんな営業ウーマンは結構います。

※ 私はデモ(商談)前には、必ずトイレによって顔のチェックをしフェイスペーパーで顔を拭きます。相手に会う前の最低限の礼儀だと思っているからです。

歯磨きをしっかりする

歯が黄ばんでいると第一印象が著しく悪くなるようです。
あと、口臭がプンプンするような営業マンは最悪ですしね。

【参考】歯の黄ばみと第一印象について

服装

次は服装です。

これも大きくその人の印象を変えますので、最低でも以下の項目は完璧にしましょう!

スーツ

黒、紺、グレー等、あまり派手な色でなければ問題ないと思います。(太めのハッキリしたピンストライプは、金貸しか地上げ屋みたいなイメージで威圧感がありますが細めであればスマートに見えます)

スーツは「パンツに折り目があるか!」など、やはり清潔感と仕事が出来そうな雰囲気が出るかどうかですね。 自分にあった色やデザインを見つけましょう!

ワイシャツ

私は、ビジネスマンの服装でおしゃれや個性を出せる部分だと思います。
あまり派手な色やデザインでなければ、好きなものでいいのではないでしょうか。

逆に、真っ白で学生服のような安っぽいワイシャツはやめた方がいいと思います。

ちなみに、シワ等が無いように清潔感には気を付けてください。(私はノンアイロンのワイシャツしか来ません。1日来ていると夕方にはシワが出るからです)

ネクタイ

LVなどのブランドのロゴがモロにわかるものやアニマル柄のような奇抜なものは避けましょう。
あとは、ワイシャツの色などを考慮して決めればいいと思います。

靴下

まさか「白」を履いている人はいませんよね!?
ビジネスマンは黒、紺、グレーの無地。
これは鉄則です。

これも黒がいいと思います。
私は茶色はお勧めしません。

あとは、先がやたらと尖っているようなデザインも避けた方が無難です。
それと、一番大事なのは磨いておくことですね。

好きなもので構いませんが、派手な色は避けましょう。

インナー

ワイシャツの下にTシャツの色やロゴが透けているのはみっともないですね…
白等、外に透けない色にしましょう。

※ 私は、訪問先によっても服装を変えるように気を使っています。例えば、歴史のある会社でデモ相手が年配の社長の場合は落ち着いた雰囲気で、おしゃれなヘアサロンのオーナーの場合はシャツやネクタイの色やデザインをいつもよりおしゃれにしたり… 相手に合わせるという事も大切なことです。

※女性の営業マンの場合も、派手すぎたり、奇抜なものでなければ、スカートでもパンツスーツでもいいと思います。 但し、気を付けて欲しいのは「色気」を出し過ぎないという事です。 多少の色気は武器になりますが、ワイシャツの胸元が空きすぎていたりしたら、商談相手の男性はあなたの話に集中していないでしょうね。

上司のための印象10倍アップ服装術―読むだけで仕事に活きる「服選び」「着こなし」「身だしなみ」

小池 惠子 東洋経済新報社 2007-06
売り上げランキング : 741866
by ヨメレバ

匂い

これは見えない部分ですが、本当に気を付けるようにしてください。

「汗くさい」「加齢臭が酷い」「香水が臭い」

自分では気が付かない事が多いですが、相手にとってはとても気になります。
100%消す事は出来ないとしても、出来る限り抑えるようにしましょう。

※ 私は汗っかきなので、これからの季節は特に気を使います。 例えば、朝は必ずシャワーを浴びますし、防臭効果や制汗効果のあるアムル石(デオナチュレ クリスタルストーン 60G)などを使っています(これは超お勧めですよ) あとは、香水を軽くつけます。

失敗談:香水について大失敗したことがあります。 自分では気が付かなかったのですが、香水が強すぎたのでしょうね。デモ(商談)の相手である社長が咳き込んでしまったのです。 この社長は、香水アレルギーな上風邪気味だったようで、私の香水のせいで辛い思いをさせてしまいました。

それ以来、気を付けるようにしています。

あとは、爪を切っているか等、とにかく「清潔感」と「仕事が出来る人に見えるか」を軸に自分の身だしなみをチェックしてみましょう。 第一印象が悪いのが原因で、マイナスからデモ(商談)がスタートする事が無いように!





スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ