いきなりですが、昨日の紅白歌合戦の欅坂46の不協和音のパフォーマンス観ました!?

いや~、本当に凄かった!

もうね、鳥肌というか感動して震えるレベル。
何年か前に紅組の大トリで熱唱した絢香以来だったわ~。

新年早々、いい歳したおじさんがアイドルの話をブログに書くのもどうかと思いますが、どう思われても構わないので、この興奮をお伝えすると同時に、2018年のモチベーションソングを不協和音にすることを営業マンに布教致します(笑

スポンサーリンク

欅坂46の不協和音の凄かったところ

まずは、昨日の紅白のパフォーマンスを観ていない人のために、不協和音のパフォーマンスの何が凄かったのかを説明します!

尚、欅坂46ガチ勢の方が読んだら、「今更そんなこと言うな!」というツッコミがきそうなので、にわかファンとして優しい心で受け止めてもらいたいです。

激しい振り付け

今更言うことではないんですが、不協和音は「アイドルが踊るレベルの振り付け」ではありません。喘息持ちの私が踊ったら、曲の1番も踊りきれずに発作で確実に逝きますね・・・

実は、振付師はTAKAHIROというマドンナに認められてバックダンサーを努めたことがある大物で、サイレントマジョリティー、世界には愛しかない、二人セゾンなども担当しています。

TAKAHIROさんのことを知りたい方は、以下を参考にどうぞ!

【参考】上野隆博 - Wikipedia

こんなガチのダンサーが振り付けた激しいダンスを紅白では2回踊り(2回めは一部だけ)、過呼吸で鈴本美愉、平手友梨奈、志田愛佳の3人にが過呼吸になりました。

まさに、命がけのパフォーマンス。
震えました。

センター平手友梨奈の圧倒的存在感

そして、欅坂といったら平手友梨奈というくらい不動のセンターとして君臨している彼女のパフォーマンスも圧巻でした。

特に、曲の終盤で倒れ込むところ(ドスンとハッキリ音が聞こえた)、有名な「僕は嫌だ!」の迫力、そして、パフォーマンスを終えたあとの不敵な笑みなど、「16才の女子」とは思えないレベルに釘付けになりましたね。

彼女は「憑依型」と言われているくらい曲の世界に入り込むらしく、特に不協和音のパフォーマンスをすると具合が悪くなることが多いらしいんですよね・・・

平手友梨奈を知らない人は、12月6日に生放送されたFNS歌謡祭で、平井堅がノンフィクションを歌っている後ろで踊っていたのを観て「あの子は誰?」と驚いた方も多いのではないでしょうか。

噂では「病んでいる」らしいのですが、これほどの逸材はなかなかいないと思いますので、なんとか今後も彼女を見続けられたらいいと願うばかりです。

NHKオンデマンドで紅白が観れるみたいですから、観ていない方は必見です!

不許和音を営業マンに勧めたい理由

2018年のMyモチベーションソングを不協和音にすると言いましたが、この曲は営業マン全員にオススメしたいんですよね!

激しい曲調なので、自然とモチベーションが上がるのもありますが、一番のオススメポイントは「歌詞」なんです!

アイドルの女の子達が歌う歌詞とは思えない内容なんですよ!

残念ながら歌詞の引用や転載は著作権が非常に厳しいので、この場でご紹介するわけにはいきません・・・

ただ、戦う意志がないとやっていけない営業マンにとって、こんなにピッタリな歌詞はありませんよ!

紅白の司会を努めたウッチャンが不協和音を大好きと公言していますが、大人も刺激を受けるような内容ですので、是非、1度歌詞をじっくり読んでみてください!

最後に

新年早々「アイドルオタクかよ!?」と思われ兼ねない内容でしたが、いいものはいいのでしょうがありません。

私は不協和音と共に、2018年を戦う所存です!

最後に、申し遅れましたが・・・
あけましておめでとうございます!

今年も、当ブログ営業ビズをよろしくお願い致します。

2018年元旦

スポンサーリンク

コメントをどうぞ




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事