今日の記事はタイトル出落ちですね(笑

ですので、回りくどい話や前置きはぶっ飛ばして、トップ営業マン自分をコントロールするが、他人をコントロールしたがるのが売れない営業マンというお話をします。

スポンサーリンク

売れない営業マンは自分を棚に上げるよね

他人をコントロールする

長年営業の現場にいましたので、それはそれは数多くの売れない営業マンを見てきました。

営業会社では、8割は売れない営業マンですからね。
石を投げれば売れない営業マンに当たるって感じでしたよ。

さて、そんな売れない営業マン達に対して、いつも疑問があったんです。

「売れない営業マンが売れない原因って何なんだろう?」

もちろん、原因はいろいろあるのですが、その中で売れない営業マンが必ず抱えている原因があったんですよね。

それが、他人をコントロールしたがるというものです。

  • 会社が悪い
  • 商品が悪い
  • 上司が悪い
  • 商品が悪い
  • お客が悪い

「よくそんなに悪者が見つかるな~」と感心してしまうくらい自分以外の悪者を見つけ、「会社の方針が変わらないかな・・・」「商品が改良されないかな・・・」「(上司が)社アポ回してくれないかな~」と、他者をコントロールしたがるんですよね。

じゃあ、何か行動を起こすかと言えば起こさないんですけど。

こういうタイプって本当に多いです!

ただ、言っておきますが、こういうのを1つでも腹に抱えている営業マンは絶対に大成しません。一時的に売れたとしても、未来永劫売れ続ける営業マンで居続けることは出来ません。

ドキッとした人いるのではないでしょうか。

売れる営業マンが自分のコントロールのみを考える理由

売れる営業マンの多くは、苦労や努力を重ねて売れるようになっています。
その過程で「他者をコントロールしようと思っても無駄」と悟るんですよ。


実は、私もこんな風に思ったことはあります。
「何で所長はあいつにばっか『いいいアポ』を振るんだろう・・・?」

ただ、こういう邪念が自分の心の中を渦巻いているときって結果が出ないんですよ。

そして、悩みに悩んだ挙句「自アポで数字あげればいいだけじゃん!」と気がつくわけです。

当たり前のようですが、問題はここから。

自アポで数字が上がると、「白井は頑張ってるからアポ振ってやるか!」と、いいアポが回ってくるようになるんですよね。

面白いものですね。


こんな経験を何度かすると、「結局は自分次第じゃん!」と気がつくわけです。
でも、本当に営業は自分次第でどうにでも出来る仕事ですよ。

まとめ

ただ、私の例もそうなんですが回り道なんですよ。
それに気がつくまでの時間がもったいじゃないですか。

ですから、当ブログを読んでいる新人営業マンや売れない営業マンの方々には、遠回りをして欲しくないので、敢えて当たり前のことを書かせて頂きました。



スポンサーリンク
おすすめの記事