稼いでいる営業マンって、何だかんだで無駄使いしていますよね。
タンスの肥やしになっているブランド品とかありませんか?

私はあります(笑

ですから、ここ数ヶ月家財の断捨離をしていたのですが、ただ捨てるのはもったいないし、買取ショップに持っていっても二束三文にしかならないので、メルカリに出品して売っていたんです。

そして、そのお金を仮想通貨のリップルに突っ込んでいたところ・・・

昨日、リップルが高騰したのは知っている人は知っていますよね。

現在は、少し調整が入っていますが、一時はあっという間に2倍の金額になったのには驚きました。

そこで、ノーリスクで夢を見る方法として、メルカリでものを売って、そのお金で仮想通貨を買うという方法をお話したいと思います。

ということで、今日は営業ノウハウ系の話ではありませんのであしからず。

スポンサーリンク

不用品はメルカリで売ってお金にしよう!

営業で稼いだお金で買い物をしたものの、タンスの肥やしになっているものはメルカリで売るといいですよ。

「いつかつかうかもしれない・・・」と思う方もいるかもしれませんが、1年間1度も使わないものは持っていても使いませんって。

ただ、リサイクルショップやリユースショップに売るのはちょっと待った!
それならメルカリで売ったほうが高値がつきます!!

例をあげます。

最近、14Kのハワイアンリングを売りに出そうとしたのですが、相場がわからないのでリサイクルショップに持ち込んで無料査定してもらったところ8006円と言われました。

このリング、ハワイのワイキキで5万円以上したものなんですよ(汗

では、同じリングをメルカリで売ったのですが、いくらで売れたと思いますか?
なんと25000円です!

しかも、あっという間に売れました。
もう少し高くても売れたかもしれません・・・

このような大きな価格差が出る理由は2つあります。

ひとつは、買取ショップは人件費やショップの家賃などの経費がかかりますので、相場よりも安く買い取らなければ儲けが出ません。

ですから、必然的に買取額は下がります。

二つ目としては、メルカリを使う人はシビアな相場観を持っていませんので、比較的高値で売れてしまうんです。

実際にやってみれば分かりますが、「え、こんな値段ですぐに売れちゃうの?」と驚きますよ。


それに、出品者は家賃や人件費などの経費がかかりませんので、売れた分がまるまる残るというメリットもあるので、不用品はメルカリで売ることを本気でおすすめします。

余剰資金を仮想通貨に突っ込む

仮想通貨で稼ぐ

さて、ここからが今日の本題ですが、メルカリでものを売って作った余剰資金を仮想通貨に突っ込めばリスクなく夢が見れます(笑

考えてみてください。

もともとタンスの肥やしになっていたものなんて無いものに等しいですよね。だったら、それを現金化して増える可能性のある仮想通貨に突っ込むのはいい方法だと思いませんか?

もちろん、今の仮想通貨はバブルの真っ只中です。
いつ、バブルが弾けるかわかりません。

バブルが弾ければ大暴落して価格が半減する可能性もありますし、最悪ゼロになる可能性もあります。(特に、草コインなどは危険です)

ですから、不用品を売って作った余剰資金で仮想通貨を買うといいんですよ。

正直言って、私も仮想通貨をやっていますが、後発組なので億り人になれるとは思っていません。ただ、年末ジャンボやロト、BIGなどを購入するよりは、儲かる確率は高いのではないかということで夢を買っています。

数日で倍になったり、数ヶ月で10倍なんてチャンスはなかなかありませんから、余剰資金で参戦するのはありだと思いますよ!

一応、私が使っている仮想通貨を購入できるサービスを載せておきますので、興味のある方は見てみてください!

【おすすめNo1】

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

・申し込んでから取引が出来るまでが早い!
・アプリの使い勝手がいいので、初心者でも簡単に仮想通貨を購入できる!

【おすすめNo2】

Zaif

・手数料が安い
・積立投資が出来る


ただ、仮想通貨は発展途上で何が起こるかわかりません。

また、最悪突っ込んだ資金がゼロになる可能性もありますので、自己責任において無理なく購入や取引をすることを強くおすすめします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事