日馬富士の暴行問題が連日のように報道さるので「いい加減うんざり」という方も多いと思います。

しかし、プロスポーツに限らず、学生時代の部活でも先輩による後輩への「かわいがり」はありますからね。私も中学時代は野球部だったのですが、先輩の気分次第で理不尽な目にあわされたものです。

さて、話を営業の世界に移しますが、「かわいがり」のような慣習が残っている営業会社は多く、ただでさえ数字の悪い営業マンはメンタルがやられているのに、それを更に追い込むようなことが行われています。

特に、私が若かった時代は酷かったので、反吐が出るくらい嫌でした。(幸い、営業成績が良かったので被害に合うことはありませんでしたが、見ているだけでもメンタルがやられますからね)

いい機会ですので、営業会社の理不尽なかわいがり問題について取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

営業会社の数字至上主義が生む歪んだ価値観

理不尽な営業マネージャー

営業会社では数字が全て。
これに関して、否定するつもりは1%もありません。

しかし、数字のいい営業マンはでかい顔をして幅を利かせている一方、数字が出せない営業マンは常に小さくなって怯えていなければならないような状態を肯定することはできません。

数字が良ければ歩合給がアップして収入に反映されたり、マネージャーに出世するなどして精算されますからね。そこに+αで偉くなるということはないのですが、どうもここを勘違いしてしまう売れる営業マンが多すぎなんですよ。

  • 売れない営業マンを虫けらのように扱う
  • 年上の部下に対してタメ口以下の配慮のない言葉使いで接する
  • 売れない営業マンを学生時代のいじめのターゲットのようにしていびる
  • 業務時間外も売れない営業マンをパシリとして使う

上げたらキリがないですが、こういうのは人間として最低ですよ。
もし、ちょっとでも思い当たるのであれば、今すぐ治すべきです。

売れる営業マンやマネージャに対する助言

売れる営業マンやマネージャーに助言があります。

数字や役職は人間的に偉いわけではありません。
所属している会社内からの評価が、あなた個人の人間の評価と同じではないんです。

暴力なんて以ての外ですが、パワハラやセクハラ、意味がないみなし残業、理不尽なロープレ(しごき)など、くだらないことで売れない営業マンを疲弊させるのはやめましょう。

特に、売れない部下を抱えたマネージャーが偉そうにするのは馬鹿丸出しです。
部下を育てられないのは無能マネージャーの証拠ですからね。

数多くの営業会社を見てきた私をごまかすことはできません。

売れる営業マン(仕事ができる人間)って、売れない営業マン(仕事ができない人間)を馬鹿にして見下す傾向があるんですよ。

ただ、そんな他人を見下すような人間こそ、見下されるべきくだらない価値観の人間だと気がつくべきです。

売れない営業マンだって人生かかってるんですよ。
後ろには支えるべき家族だっています。

そういうことを想像できない人間はクズ野郎です。

売れない営業マンに対する助言

売れない営業マンに対する助言としては、数字が悪いことを追求されるのはしょうがないとしても、理不尽なしごきやいじめに関しては徹底して戦うべきだということです。

この記事の最初の方で、「営業成績が良かったので被害に合うことはありませんでした」と書きましたが、ゼロかといえばそんなことはありません。

入社後、研修が終わり「いよいよ現場に出れる!」と意気込んでいたら、先輩社員のパシリとして使われたり、車の洗車(営業車でもない自家用車の手洗い)を命じられたりしたことがありましたからね。

ただ、私はその度に「すみません、いつまでパシらせるつもりですか?これでは数字を出せません!」「○○さん(先輩社員の名前)の車を洗車するのは仕事ではないと思うのですが?」と、キッパリ拒否してきました。

「そんなことしたら大変ですよ・・・」と思った方もいるかもしれませんが、営業会社は数字が全てなのですから、数字を出すことで全て解決できます。

どちらにしても、数字がなければ営業会社にはいられないのですから、くだらない先輩社員の言うことを聞く必要はないですよ。

ただ、本当にパワハラやセクハラが横行していて「先輩社員に逆らうのが怖い」というような環境であれば、サッサと辞める、もしくは、ICレコーダーで音声証拠を残し、第三者を間に入れて戦うという方法もあります。

どちらにしても、泣き寝入りはいけません。
自分の為にもなりませんし、今後入社してくる新入社員の為にもなりません。

理不尽な「かわいがり」に対しては、勇気を出して徹底して戦うべきです!

最後に

もし、実際に営業会社でいじめられていて困っている方は、私に相談してきてください。

昔の訪販会社など、何社も営業会社を渡り歩いてきた経験があるので、役に立つアドバイスができると思いますので。