営業の仕事のメリットと聞くと「成績次第でいくらでも稼げる!」のようなことを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、営業の仕事では上記のような成功したときだけでなく、失敗したときのメリットもあるんですね!

「失敗の何がメリットなんですか?」と思う方も多いと思いますので、今回はこの点についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

世の中には失敗が許されない仕事が多い

ちょっと前の話になりますが、生肉であるユッケを提供していた焼肉店に来ていたお客さまが食中毒で亡くなって倒産しましたよね。

大々的にテレビのニュースなどで取り上げられていたので知らない方はいないと思います。このように、世の中には1度の失敗が許されない、取り返しがつかない仕事が沢山あります。

医者や看護師であれば医療事故、保育士であれば預かっている子供が大怪我や万が一のことがあったら取り返しがつきません。

ですから、私は「こういう仕事をしている人に比べたら、営業の仕事のリスクなんて無いに等しいよな・・・」と本気で思います。

敗者復活のチャンスが何度もある営業職

営業の仕事のメリット「リセットして何度もやり直せる」

一方、営業の仕事はどうでしょうか?

確かに、ノルマを追いかけ続けるのは精神的にも肉体的にも大変です。私の知り合いにも、体を壊してしまったり、メンタルがやられてしまった人がいますからね。

ただ、営業の仕事には「敗者復活戦が何度もある」という超特大のメリットがあるんですよ!

考えてみてください。
「否決になりました・・・」って何度報告したことがありますか?

私なんて営業マン歴が長いので、数えようと思っても不可能なくらい外しています(笑

こんなに失敗が許される仕事って他にありますか?

確かに、結果が出なければ詰められますし、周りから期待されなくなるなどあるかもしれません。でも、明日も明後日も挽回するチャンスがあるじゃないですか!

今月ノルマが達成できなかったとしても、次月は営業マン全員の数字がリセットされたゼロからの競争に参加できるわけですよ。

こんないい仕事ありますか?

最後に

売れない営業マンは「また駄目だった・・・ 営業って辛いな」とネガティブに考えてマイナスのスパイラルに自ら落ちて行きます。

一方、売れる営業マンは「今月は駄目だったけど、リセットさせることだし来月はやってやる!」とプラスに考えて気持ちを切り替えます。

どっちがいいですか?

「営業職は何度でもリセットして再スタートできるチャンスの多い仕事だ!」

実際に本当のことですし、こう考えたほうが自分のためだと思いませんか?

私は、本気でメリットだと思っていますので、後者のように常に考え続けることで長年営業マンとしてやってこれました。

あとは、アナタ次第です。