「えっと、あの名刺どこいたっけなぁ〜」といつまでも探し続けたり、出先で「あっ!電話しようと思ってたけど、名刺持ってくるの忘れた!」と慌てたり…

こんなことやっているようじゃ営業マン失格ですよね…

そこで、名刺管理のコツとして「アプリを使った名刺管理方法」についてお教えします。

スポンサーリンク

WoldCard Mobile(ワールドカードモバイル)アプリで名刺管理を効率化

名刺

もらった名刺は、机の引き出しの肥やしだったり、コレクションの為に存在するわけではありません。

名刺には、会社名や電話番号だけでなく、部署名、役職名、メールアドレスまで記載されています。ですから、貴重な情報源であり、連絡網であり、追加販売や紹介戦略を仕掛ける際の重要なツールです。

毎日交換している名刺を名刺フォルダーに順番にしまっておくだけなんて勿体無いですよ。

そこで、今回紹介したいのが、WoldCard Mobile(ワールドカードモバイル)という名刺管理用アプリです。

名刺データの読み込みはスマホのカメラで撮影するだけで

よく連絡をとる取引先だけ携帯電話に登録している営業マンは多いと思います。理由としては、交換した全ての名刺を電話帳登録するのは結構な手間だからです。

ところが、このアプリを使えば、その手間がほとんどなくなります!

というのは、アプリ内からスマホのカメラを起動させ名刺を撮影すると、かなりの精度で会社名や氏名などの漢字、ひらがな、カタカナ、電話番号などの数字、メールアドレスなどのアルファベットまで読み込んでくれるからなんですね。

私がこのアプリを使い始めた頃は、読み込みの制度が甘かったのですが、その後アップデートが何度もあり、現在は驚くほど精度が高くなりました。(但し、変わった書式や書体などの場合は、手直しが必要な場合もあります)

読み取ったデータはスマホの電話帳と同期される

そして、私がこのアプリを使っている最大の理由は、「スマホの電話帳に同期される」というところです。

あいうえお順に並びますし検索も可能になりますので、「あれ〜、あの社長の名刺どこ行ったけなぁ〜」なんて名刺を探すのに時間を取られることがなくなります。

あと、私は「地域」で会社をカテゴリー分けしているのですが、名古屋出張の前には名古屋にカテゴリー分けされた会社の名刺にざっと目を通すようにしているんですよ。

「どうせ名古屋に行くなら、再度あの会社にアプローチしてみるか!」など、名刺を見返す事によって出張効率をあげることも出来ますからね!

着信があると、画面に名刺画像が!

これも私が気に入っている機能のひとつなのですが、着信があるとスマホの画面に名刺画像が出るんですよ!

名前だけだと、佐藤さんや田中さんは沢山いますので「誰だったっけ?」となりますが、着信画面に名刺が表示されると「!」と相手が誰なのか瞬時にわかるので便利です!(最近の名刺は顔写真入りも多いですし)

登録されている情報にワンタッチでアクセス

手帳やメモ、名刺を見ながら電話をしていたり、メールアドレスを打ち込んでいる営業マンを見かけますが、「よくあんな面倒臭いことをしているなぁ〜」って思います。

WorldCard Mobile(ワールドカードモバイル)を使えば、電話番号をタップするだけで発信できますし、メールアドレスをタップすればメール送信画面になります。

もう、メモ帳や名刺片手に電話やメールをする必要はなくなるのです!

アプリのダウンロードはこちらから

今回、ご紹介した機能は私が気に入ったものだけです。

署名機能など他にも便利な機能がありますので、一度使ったら手放せなくなりますよ!