トップ営業マンになる一番の近道は「トップ営業マンを真似ること」です。

そして、真似る対象はテレアポや商談といった業務だけでなく、普段の言動や考え方、価値観に至るまで真似るようにするのがコツなんですね!

そこで、今日は真似るべきトップ営業マンの特徴として「評判や噂などの雑音に惑わされない」という内容をお送りします。

スポンサーリンク

トップ営業マンは我が道を行く

営業マンは我が道を行け

トップ営業マンの多くは「我が道を行く」と言うタイプが多いです。

ですから、周りからは「近寄りがたい」「理解しがたい」「他人に冷たい」「変わり者」のように思われているトップ営業マンも珍しくありません。

少なくても、私が見てきた「天才じゃないの?」というレベルのトップ営業マン達に、どこにでもいる親しみやすいタイプはほとんどいませんでした。

考えてみれば、「みんなと同じ価値観」で「みんなと同じこと」をしていたら、トップ営業マンにはなれないですからね。

「私は営業マンとして成功するんだ!」と本気で思っていれば、雑念が入り込む余地はありません。

ですから、成功へ向かって一直線に突き進んで行くのです。

くだらない評判や噂など屁とも思わない

トップ営業マンは、周りの人間からの評判や噂などを全く気にしていません。
敢えて聞かないようにシャットアウトしている人もいます。

他人と言うのは本当に好き勝手なことやいい加減なことを言いますからね。

私も悪い評判や噂を流された経験があるのですが、「俺のことを何も知らないくせによく言うわ!」と腹立たしく思ったことは1度や2度ではありません。(こういう他人の評判などを気にするような未熟者だったから、営業を極めるまでに時間がかかってしまいました…)

ただ、繰り返し言いますが、たいして自分のことを知らない他人の言うことなんて気にしてもしょうがないわけです。

あなたが気にしクヨクヨしているときに、評判や噂を流した人間はグーグー寝ているかもしれませんからね。

いや、本当にそんなもんなんですって(笑

トップ営業マンはそういうことをよく解っていますので、「言いたい奴には言わせとけ」と割り切っているのです。

雑音に惑わされるのは逃げ

それでも、他人の評判や噂が気になってしょうがないという人も多いと思いますので、ちょっと強烈ですがズバリ言わせて頂きます!

雑音に惑わされる人は、心のどこかに「逃げる気持ち」を抱えている

ドキッとしませんでしたか?

他人の評判や噂でグラグラくるような人は、自分のやっていることや営業の仕事に対して何の信念もないからなんですよ。

「俺には営業しかない」「私は営業マンとして何が何でも成功するんだ!」という強い信念があれば、周りの人間がゴチャゴチャ言っている雑音なんて耳に入ってきませんからね。

ここを誤魔化しているようでは、いつまで経ってもトップ営業マンにはなれませんよ。

まとめ

営業マンには「数字」という分かりやすい評価基準がありますので、我が道を行く営業マンが冷遇されることはありません。

ですから、好き勝手なことを言う周りの雑音に惑わされて凹むことほど無駄なことはありませんよ。

今日から気にするのはやめましょう!