「俺はこんなに会社に貢献しているのに!」
そんなふうに思ったことはありませんか?

誰でも一度や二度は通る道かもしれませんよね…

スポンサーリンク

評価は他人がするもの

評価

新人の頃は、とにかく会社の戦力になる為、一日も早く仲間として受け入れられる為に必死ですので、あまり不満を感じることはないと思います。

ですから、「俺は評価されていない」という不満を持つのは、ある程度会社に慣れてきた営業マンや業績のいい営業マンに多い傾向があります。

「こんなに業績をあげているのに、給与が安すぎる」

「俺の方が会社に貢献しているのに、何故、あいつの方が出世するんだ?」

向上心があったりやる気のある営業マンに限って、こんな不満を抱えているものです。

しかし、結論からいえば、「評価は他人がするもの」です。

どんなにあなたが不満を感じていても、現在の評価は紛れもない周りから見たあなたの価値なのです。(少なくても今所属している組織においては)

それでも評価されてないと思う方へ

例えば、「こんなに働いているのに給与が安すぎる」という営業マンがいたとします。

その人にはその人なりの考えあってのことは思いますが、よくよく考えてみれば、報酬の説明を受けた上で入社しているはずです。(給与の説明を聞かずに入社する人はいませんからね)

ですから、会社側に言わせれば「納得して入社しておいて、今更給与に関して不満を言われてもどうしようもない」というのが本音です。

もし、そのような不満が爆発しそうな人は、会社を退社してゼロから自分でビジネスを立ち上げてみることをお勧めします。

そうすれば、全て自分で好きなように決められますからね。

その代わり、起業すると営業だけやっていればいいというわけにはいかなくなります。

DM(ダイレクトメール)、アポなどの営業に関わる仕事だけではなく、問い合わせの電話対応、経理や総務などの内勤の仕事も全て自分で行わなければなりません。

そして、DMを発送する送料も事務員を雇う人件費も自分持ちです。

そうです!

あなたが営業だけに集中していられるのは、あなたをバックアップする沢山のスタッフや仕組みがあるからなんですね。

それと、あなたが営業マンとして活躍できるのは「会社の看板があるから」かもしれません。

というのは、私は過去に数々の自信満々の新人営業マンを見てきました。

元大手広告代理店のトップセールス

リクルートで社長賞をとったことがある営業マン

しかし、そのほどんどがたいした業績を挙げられずに去って行きました。

私が過去に所属した組織は、訪販の会社だったり、立ち上げたばかりのベンチャー企業ばかりなので、会社名も、商品やサービス名を誰も聞いたことが無いというものばかりでした。

そういう状況だと、本当の営業力が問われるんですね。

何の看板も無く自分の営業力(人間力)だけになると、途端に売れなくなる営業マンがなんと多いことか‥

必ず誰かが見ていてくれている

厳しいことを言いましたが、でも安心してください。

私の経験から言って、黙って努力し続け業績をあげ続ける営業マンと、不満タラタラの営業マンでは、必ず前者の方が成功しています。


例えば、上には媚び諂い下を虫けらのように扱う上司や先輩社員がいたとします。

「あんな奴がなんで評価されてるんだ!」

でも、そういう人は放っておけば遅かれ早かれ失脚します。

「根拠は!?」と聞かれても、それぞれいろいろなケースがありますので説明は難しいですが「世の中そう出来ている」というのが答えでしょうか。


よく、「必ず見ていてくれる人がいる」と言いますが本当ですよ。
良い心がけで頑張っていれば、必ず見ていてくれる人がいます。

しかし、忘れてはならないのは「悪い心がけや言動も見られている」ということです。


もし、現状に不満を抱えている営業マンがいたら、一度その不満のベクトルを自分に向けてみてください。

何か気付きがあるはずですので。


以上、営業コンサルタント白井でした。