私が過去に見てきたモンスター級の営業マン達は、本当に個性的な人が多かったんですよね。オーラが凄くて近寄りがたいのもありますが、「クセが強い」というか「アクが凄い」というか(笑

ぶっちゃけ「営業マンとしてはリスペクトするけど、人としてはリスペクトできないな~…」というタイプも多かったですね。

さて、営業マンというと「スーツ姿に作り笑顔」のようなイメージを持っている人も多いですが、では、「営業マンは個性を殺すべき」なのでしょうか?

個人的には、その必要はないと思います。

ただ、営業マンの個性について誤解している人も多いので、今日の題材にしてみたいと思います。

スポンサーリンク

大前提は数字が出ていればOK

OK

念のため最初に大前提を言っておきますが、数字が出ていれば半ズボンだろうが全身タイツだろうが問題ありません。

全身タイツは個性というよりは癖(へき)でしょうし、実際に身に着けたら危ない奴と判断されて警備員に摘み出されるでしょうから営業にならないでしょうけど(爆笑

全身タイツの例は冗談としても、「短パン社長」として有名な株式会社ピーアイの代表取締役である奥ノ谷圭祐さんのような方が実在します。その個性的なファッションが度々メディアに取り上げられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

社長が短パンって常識外れもいいところですので、結果が出ていなければ「短パンなんか履いてるからだよ!」と叩かれますが、結果が出ているので「個性的で面白い社長がいる!」となっているわけです。

実際、私も「暑くてやってられるかよ!」という理由で、営業マンとしてはマナー違反の「半袖ワイシャツ」を着用して商談に臨んでいましたが、それが原因で数字が低迷することも、クレームが入ったこともありません。

ただ、会社によっては許されないと思いますので、そこら辺の判断はお任せします。

単なるかっこつけの個性は捨てた方がいい

「じゃあ、長髪だろうが、派手なスーツだろうが何でもいいのか!」と思った方もいるかもしれませんが、単なる「かっこつけ」のための個性は捨てた方がいいと思います。

長髪や奇抜な髪形、全く似合っていない・不潔ったらしい髭、ギャルのようなメイクやツケマ、ホストにしか見えない超細身の派手目なスーツ etc

こういう個性を発揮したければ、プライベートで思う存分してください。

「あなたは、何故そのような格好をしているのですか?」と聞かれたときに、「〇〇という理由からです!」と答えたら、お客さまが「ほぉ~!」と言うくらいの何かがあるなら別ですが。

内面の個性は捨てるべきか?

営業マンにとって印象に繋がる外見が重要なのは分かると思います。
では、内面的な個性はどうするべきなのでしょうか?

個人的には、全く捨てる必要はなく、もともと持っている個性は徹底的に磨きあがて武器にすべきだと思います。

世の中に存在する営業マンの多くが魅力的ではないのは、「個性を捨てて営業マンになろうとする」という原因があるからです。

どの営業マンも、判を押したような作り笑いと営業マンっぽい話し方ですからね。

洋服屋さんの女性店員さんの「いらっしゃいませ~」に対して、「独特だけど、どこの店員さんも同じだよな~」って思ったことありませんか?

分かりやすく言えば、ほとんどの営業マンがそれと同じってことです。

もちろん、初対面の方々がにアプローチしてお時間を頂くわけですから、営業マンは最低限の礼儀礼節や言葉使いなどに気を付ける必要はありますが、それ以外は自分の個性を生かした営業をすればいいんですよ。

そういう私も「シンプルでストーレートに本音をぶつける」という営業スタイルを上司から全否定されたことがありました。

「お前は、諦めが早いんだよ、馬鹿野郎!!」みたいに(笑

でも、「話が短くて分かりやすいのは俺の個性だから、絶対に変えるつもりはないわ!」って心の中で舌を出してました。

そうやって、自分の武器だと思っていた個性を貫いてきた結果、今があると思っています。

あなたも「あなたにしかできない、あなただけの個性的な営業」を追求してみてはどうでしょうか。

まとめ

今日の記事は、特に新人営業マンや売れない営業マンに見てもらいたい内容です。

あなたの個性を気に入ってくれるお客さまは必ずいますので、判を押したような作り笑顔のつまらない営業マンのはならないようにしてくださいね!