「ゲンを担ぐ」

迷信じゃあるまいし、そんなの信用できないかもしれません。

でも、トップセールスマンほど、ゲンを担いでいるってご存知ですか!?

スポンサーリンク

一流の人がゲンを担いでいる事例

四つ葉のクローバー

当ブログでも度々登場するメジャーリーグのイチロー選手。

イチロー選手は、常に最高のパフォーマスンスをするために、毎日毎日同じことを繰り返す「ルーチン」を行っているのは有名ですよね。

ちょっと前に「毎日カレーを食べている」のが話題になりましたが、食までルーチン化していたんでしょうね。

ここまで、イチロー選手が拘るのは、毎日のルーチンの中に「ゲンを担ぐ」意識もあるからだと思います。


さて、営業の神様と呼ばれている伊藤光男さんも、その著書でゲンについて触れています。

「午前中には、お金を使わない」

「黒猫が道路を横断したら、その方向へは行かない」

こんな事を実践していたようです。

ゲンを担いでモチベーションをアップしよう

営業マンは、とにかくメンタルが影響する仕事ですので、ゲンを担ぐことによって気持ちのスイッチが入るのであれば、どんどんと利用する方がいいと思います。

私も、靴下をはくとき、スーツのパンツに足を通す時、ワイシャツを着る時、スーツの上着を着る時は、必ず左からと決めています。

また、「このネクタイを締めると契約率が高い」というようなこともありますので、勝負所はそのネクタイをするようにしています。

あとは、最初は営業マンとして人の前に出るので、出来るだけ清潔にしておきたいという理由で始めた「朝シャワー」や「香水」も、やらないとスイッチが入らないというか、やっぱりゲンを担いでいる気持ちがあります。

まとめ

私は過去に本当に多くのトップセールスマンをみてきましたが、それぞれ何かしらのゲンを担いでいました。

モンスターのようなスーパーセールスマンも人の子です。
あなたと変わらない人間なんですよ。

ただ、「数字をあげる」とか「稼ぐ」ことに対して、並々ならぬ拘りがあるのが、並の営業マンとは違うんでしょうね。

あなたも「これだ!」というゲンを探して担いでみてください!

そして、ゲンを担ぐときのコツは「このゲンを担いだからいい結果が出る」と思いながらするという点です。

こんなことを言うと「非合理的だ」と言われてしまいそうですが、世の中なんでも合理的に物事がかたずけられるわけではありません。

もう一度言いますね。

「これだ!というゲンを見つけて担いでみてください」
必ず、あなたの営業成績にいい影響を与えてくれるはずですので。


以上、営業コンサルタント白井でした。