以前は「転職は35才が限界だ!」という定説がありました。実際、求人広告を見ると「35才まで」のような年齢制限を設けている企業は多いですからね。

しかし、最近はその状況が少しずつ変わりつつあります。

既に人生80年時代ですが、今後更に寿命が延びて人生100年時代がやってきますので、第二の人生や余生を年金でのんびり過ごされたら社会保障は崩壊してしまいます。(既に無理やり維持しているだけですが…)

ですから、アベノミクスの第2ステージで「一億総活躍社会」が掲げられたわけです。

更に少子高齢化が物凄いスピードですすんでいますので、人材を確保したい企業は必然的に中高年に目を向けざるを得ません。

中高年採用が増えるのは当然と言えば当然なわけです。


さて、前置きが長くなりましたが、現在転職を考えている中高年の方には「営業職」を転職の際の選択肢のひとつに入れることをおすすめします!

その理由についてお話ししますね。

スポンサーリンク

営業職は採用されやすい

中高年採用のイメージ

営業職は比較的採用されやすい傾向があります。
やらせてみないと分からないという職種ですからね。

特に、営業経験者であれば、即戦力として企業は採用を前向きに考えてくれるでしょう。

営業職は高収入

中高年の方が転職を考える上でハードルになることのひとつに「収入」があります。

40代になれば、専門学校や大学など子供の教育費、50代であれば、デイサービスや老人ホームなどの親の介護費など、削るのが難しい出費がある方が多いですからね。

その点、営業職は比較的給与が高い傾向がありますし、高率歩合給やフルコミの営業で成功すれば年収1000万円超も夢ではありません。

中途でも実力次第で活躍できる

数字が全ての営業は厳しい部分もありますが、逆に考えれば数字さえ出せば中途組の中高年でも活躍することが出来ます。

私も過去に所属していた営業会社で、40代、50代で新人営業マンとして入社してきた方が頭角を現し、その後社内でも有数の凄腕マネージャーになったというケースを何度も見ています。

「いつまでも年下の上司に顎で使われるのはごめんだ!」というような方は、実力次第でどうにでもなる営業職は最高の環境になり得ますよ!

営業職は健康維持にもいい

自分が40代になって感じることのひとつに「体の衰え」があります。
健康診断で1つや2つ引っかかる項目が出てきている方も多いのではないでしょうか…

健康を維持するためには「食事」や「ストレス」など、いろいろな要素をコントロールする必要がありますが、その中で最も難しいものに「運動」があります。

デスクワークであれば、一日中座りっぱなしですからね。

出勤前にランニングをしたり、帰社後にスポーツジムに通っている方もいると思いますが、毎日となるとなかなか難しいというのが本音ではないでしょうか。

その点、外回りで毎日歩き回る営業職は、仕事中に運動量を確保できる健康維持のためには最高の仕事と言えるわけです。

営業職は副業や独立など次の展開もしやすい

営業をしていると、いろいろなご家庭や企業を訪問しますので、本当に多くの生の情報を得ることができます。その情報をもとに時代にあった商売を始めることだって出来ますよね。もしかしたら、将来一緒に起業する方との運命的な出会いがあるかもしれません。

また、営業の仕事は移動時間や待機時間などの細切れな時間が発生しますので、その時間を勉強や副業に充てることも可能です。

更に、どんな商売にも必須の「営業力」が日々の業務を通して身に着きます。

こんなに素晴らしい仕事があるでしょうか(笑

まとめ

中高年の転職に営業職がおすすめの理由をあげてみました。

最後に私と同世代の中高年の方々に一言。

今の世の中の40代なんて若手です。
学校を卒業して入社してから、これまでにどれだけのことをやってきましたか?

60才定年でも、これまでと同じだけの時間があるわけですし、定年の年齢が65歳、70歳と引き上げられたら、残りのビジネス人生は更に増えるんですよ。

確かに体力的には衰えますが、これまで培ってきた経験があるじゃないですか?
その経験を活かせば、これからのビジネス人生を濃い20年にできます!

中高年で転職せざるを得ない状況の方は、こんな風に考えて頑張ってください。


※ 中高年の転職活動は、以下のような面接確約のオファーがくるエージェントサービスを使うと有利にすすめられますよ!

私も試しに登録してみましたが、意外と高い年収を提示してくる企業があって驚きました。