あなたは自分のことを清潔感のある営業マンだという自覚はありますか?

「ありますよ!」「不潔ではないかな」という営業マンがほとんどかと思いますが、私が数多くの営業マンを見てきた経験から言わせてもらえば、パーフェクトな営業マンはあまりいません。

是非、「清潔なんて当たり前じゃん!」と思わずに、以下のチェック項目を確認してみてください。

出来ていないことがひとつくらいはあると思いますよ!

スポンサーリンク

清潔感のある営業マンであるべき理由

身だしなみをチェックする女性営業マン

本題に入る前に確認しておきたいことがあります。
それは「何故、営業マンは清潔であるべきか」という点。

「いやいや、誰だって不潔なのは嫌に決まってるから」と思っているのであれば、もう少し考える必要があります。

もちろん、不潔=不快という公式は成り立ちますが、それ以外にも不潔=だらしない、不潔=仕事が出来ないなどの複数のマイナスイメージに繋がるということを自覚しなければなりません。

ですから、これから上げるチェック項目は、単に不快だけでなく「だらしない」「仕事が出来ない」というイメージに繋がるものについてもピックアップしました。

営業マンが清潔感を出すためのチェック項目

では、清潔感を出すために気を付けた方がいいチェック項目を理由と共に上げていきますね!

髪形

寝癖が付いている、髪がボサボサなのは話になりません。
若い営業マンの超個性的な髪形も気を付けないと不潔っぽく見えることがあります。

また、頭が薄い人は思い切って短髪にしてしまった方が清潔感が出ますよ。

顔色や肌艶

これに関しては体質の問題でもあるのですが、顔色が悪い、(顔の)肌がガサガサ、目の下のクマが酷いなどは不潔なイメージに繋がるので注意が必要です。

営業マンは顔が商売道具のひとつですから、可能な限りケアはするべきです。

実は、私はもともと肌が白い方なので眼の下のクマが目立つのですが、少しでもマシになればと、目の下のクマ用のクリームを使っています。(あんまり効果はありませんが…)

あと、年齢を重ねるにつれて乾燥肌でカサカサになる部分が出てきたので、数年前からは化粧水なども使うようになりました。

正直言えば面倒くさいですが、人前に出る仕事をしている人間としてやるべきことだと思っています。

無駄毛

これは男女ともに言えるのですが、髭、顔の産毛、襟足やうなじの産毛などの無駄毛のケアも必須です。

男性の営業マンで髭を生やしている人がいますが、めちゃくちゃ似合っていて清潔感があるという営業マンはほとんどいません。無精髭のような感じだったり、胡散臭いというかインチキ臭い雰囲気の人が多い印象があります。

もちろん、鼻毛や耳毛がピョンと1本あるなんていうのは話になりません。

あと、顔の産毛が目立つ女性営業マンが多いので注意してください。

歯や口臭

歯石が溜まっている、たばこのヤニの汚れがひどいなどの見た目、あと、目には見えない口臭にも気を付ける必要があります。

営業マンは話す仕事ですから、どうしても自分の口に視線がきますからね。

どんなに歯を磨いても口臭がなくならない人は、ニンニクなど食べたものの影響や内臓系の問題が口臭に繋がっていることがあるので原因を突き止める必要があります。

服装

しわだらけのスーツやワイシャツを着ている、ヨレヨレの薄汚れたネクタイをしている、磨かれていない汚れた靴を履いているなど、服装は不潔・だらしないというマイナスイメージに繋がりやすいので注意してください。

今はアイロンをかけなくてもしわにならない形状記憶のワイシャツなども売っていますので、面倒くさがりの方は、少々高くてもそういうものを身に着けるべきです。

汗・体臭

「俺は汗して働く営業マンが好きなんだ!」という方がいないとは言いませんが、やはり毎日のように初めてお会いする方と商談する営業マンであれば「汗」や「体臭」にも気を遣うべきです。

特に、体臭に関しては、自分では気が付いていないというケースも多いので気を付けましょう!

営業マンは提案書や資料を使って商談しますので、相手の視線が手元に行く機会が多いため「爪の手入れ」も重要です。

爪垢が目立つ、爪を噛んてボロボロになっているなんてのは話になりませんが、女性営業マンのマニキュアが剥がれているなども不潔・だらしないイメージに繋がりますので注意が必要です。

最後に

「一度も指摘されたことないし大丈夫だな!」と思ったあなた!
本当に大丈夫だと言い切れますか?

大人になると「ねえねえ、ムダ毛が1本ピョンってあるよ!」なんて言ってくれる人ばかりではありません。というか、むしろ指摘されない方が多いです。

ですから、「指摘されない=清潔」と決めつけてはいけません。

こういうことを言っている私だって、たま~に「髭の剃り残し」を見つけては、「あ~、やっちゃったよ…」って落ち込む日があるんですから。

清潔感をキープするのは、そんなに簡単ではありませんので、お互い気を付けましょう!