営業の目的は売ること!

はい、反感を食らいそうですね(笑

でも、本当のことですので、何度でも言っちゃいます!
営業の目的は売ることなんですって!!

「売ることだけが営業じゃない」とか綺麗ごと言っている人嫌いだわ~。

売れない営業マンや営業の仕事を本当の意味で解っていない人に限ってそういうこと言うんですよね。

ということで、今回は「雑務が目的のダメ営業マンに成り下がるな!」というお話をします!

スポンサーリンク

私が見てきたダメ営業マン達

ダメ営業マン

20年以上も営業の仕事をしていると、本当に多くのダメ営業マン達を見てきました。

誤解が無いように最初に言っておきますが、売れない営業マンの全てがダメ営業マンだというつもりはありません。売れてなくても売るために日々努力し続けている営業マンは立派です。(残念ながら、会社に席がなくなる可能性はありますが…)

今回、私がダメ営業マンと言っているのは、売るという営業の本来の目的から逃げている営業マンのことです。

「私はお客さま第一主義ですから」と言う理由で、多大な時間を使って不必要な顧客フォローをし続ける営業マン。「万全の準備をしたいので!」と、無駄に提案書を作りこんでいる営業マン。

上記に関しては、「売上に全く関係がない」とは言えませんので許せる範囲ですが、1円にもならない雑務をし続ける営業マンには違和感しか感じません。

「君は積極的に雑務をしてくれて助かるよ~」と言われて承認欲求が満たされているようでは甘ちゃんですね。そう言う上司や先輩社員の本音は「どうせ辞めるだろうけど、それまでは雑務要因として使えるな」かもしれませんよ。

売ることが正義

「売ることが正義」のようなことを言うと、「私はそうは思いません」のような反論が必ずきます。

確かに、詐欺や悪徳商法で粗悪な商品やサービスを売りつけるのは悪ですが、いい商品やサービスを売ることの何が悪いのでしょうか?

他人に物を売るということに対して抵抗がある人は、物事の表面的な部分しかみていません。

営業が売ってくるから会社が存続できますし、所属している社員やその家族の生活の糧になっている給与も支払えるわけです、

逆に営業が売ってこなければ、会社は倒産、所属している社員や家族は路頭に迷うことになります。更には営業マンを信じて商品やサービスを購入してくれた顧客を裏切ることにもなってしまうんですよ。

では、もう一度聞きますが、それでも売ることが正義ではないと言い切れますか?

それでも、売ることだけが仕事じゃないとか思っているのであれば、営業ではなく総務などの仕事に転職することをおすすめします。

まとめ

営業マンは売ることで、初めてお客さまに貢献できます。

ガンガン売ってくる営業マンに比べて、雑務に逃げている営業マンの抱えているお客さまの数は少ないことを考えても、売らなければ何も始まらないんです!

売ることから逃げている自覚が少しでもある営業マンは、今一度この記事の内容に関して考えてみてください。