お前営業の仕事を舐めてるだろ?

過去にこう思ったことは数えきれない程ありますし、実際に言ってしまったことも何度かあります(笑

売れない営業マンって、本当に営業を舐め腐っているんですよ。
そんなに嫌なら辞めればいいのに…

ただ、「俺は営業の仕事なんてクソだと思ってる!」と自覚のある人ばかりでありませんので、こういう人間は営業を舐めているという例を挙げてみますね!

スポンサーリンク

営業を舐めている人の特徴

営業を舐めている営業マン

今から挙げるのは、私が過去に見てきた営業を舐めている事例です。
自分に当てはまるものがないか考えながら読みすすめてみましょう!

営業だけが仕事じゃないと思っている

商売が軌道に乗るかどうかを決めるのは集客です。
つまり営業なしで成り立つビジネスはありません。

そして、これは営業マンを雇って新規開拓をさせるような営業会社に限ったことではありません。

広告だって営業だし、WEBサイトだって営業ですよ。

プッシュ型とプル型、テレアポや飛び込みとWEB集客など、手段や方法は違いますが営業の要素が全くないビジネスはありません。

ですから、「営業だけが仕事じゃねえだろ!?」と思っている人には、「じゃあ、全く営業しないスタイルで、自分でビジネス立ち上げてみれば?」と本気で思います。

絶対に出来ませんが。

一所懸命にやらない

これは本当に多いのです。
ほとんどの営業マンがギリギリ限界まで一所懸命やっていません。

私は、20年以上の営業マン人生で常にトップクラスの数字を上げてきましたが、決して格好のいいものではありませんでした。

一日中テレアポをしたり、団地を走り回って飛び込む姿を見て「かっこいい!」と称賛されたことが1度もないどころか、「白井さんって、何でそんなに必死なんですか?(笑」と、失笑されたことすらあります。

でも、私を笑っていたり、私の頑張り方は異常だと距離を置く人間で、今も営業マンとして売り続けている人は一人としていません。

これが現実ですよ。

中途半端な人間が成功できるほど、営業の世界は甘くありません。

売ればいいと思っている

「売ればいいんでしょ?」という営業マンも多かったですね。

ちょっと売れているくらいで調子にのって、自分より年上の人を呼び捨てにしたり、ゴミのように扱っている営業マン仲間をみて心の底から軽蔑していました。

あと、売るために嘘をついたり、超オーバートークをかますなど、無茶苦茶な営業マンもいますが本当に最悪ですね。

そういう一部の営業マンのせいで、どれだけ世間の営業に対するイメージが落ちたことか。

営業=金としか思っていないんでしょう。

別にお金のために営業を頑張るのが悪いとは言いませんが、営業の仕事は収入以外にも得られることが沢山あるんですけどね。

ただ、本当に金だけの営業マンは、遅かれ早かれ営業の世界から去っていきますけどね。

まとめ

営業の仕事は胸を張ってする仕事です。
営業の仕事は「営業道」と言ってもいいほど崇高なものですよ。

ですから、営業を舐めている人間に対して、「頼むからすぐにでも営業マンやめてくれ!」とすら思います。