電通の鬼十則は「営業マンの心得にもなる」

社則イメージ

電通の鬼十則ってご存知ですか!?

営業マンの心得としても使えますので、ご紹介しますね!


スポンサードリンク




まずは、電通の鬼十則を見てください!

以下、引用

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

出典元「電通鬼十則」


いかがですか!?

「なるほど~」と思った方もいれば、「手厳しいなぁ~」と思った方もいるかもしれません。

まぁ、せっかくですから「営業」という目線でひとつひとつ考えてみましょう!


1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

営業という仕事は、お店などと違って「待っていればお客さんがやってくる」という仕事ではありません。まさに営業マンこそ仕事は自ら創るべきですよね!


2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

数字に翻弄される営業マンと、数字をコントロールする営業マンがいます。もうお解りかと思いますが、前者は売れない営業マン、後者はトップセールスマンです。

営業で実績を残したければ絶対に「先手必勝」ですよ!


3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

私が法人営業で爆発的な数字をあげられたのは、常に「大きな仕事」をイメージして取り組んでいたからです。ゼロからスタートしたベンチャー企業で、「契約の取りやすい個人商店でいいや」と思っていたとしたら、東証一部上場企業と契約出来るまでにはならなかったと思います。


4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

3とも重なるところがありますが、常にチャレンジしていないと進歩はありません。例えば、私は1対1の営業だけではなく、企業の社長が集まる会合や勉強会の場で時間を頂き、プレゼン(マスデモ)を打つなど、常に難しい事に取り組んでいました。大変でしたが、その経験は営業力アップに繋がりましたよ。


5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

これも、営業マンの為にあるような言葉ですね。毎月毎月数字を追いかける営業マンにとって、「あきらめない気持ち」はとても重要です。

諦めずにもがき苦しんでノルマを達成した時こそ、営業マンとしての成長できます。


6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

遠慮ばかりしていたら営業マンとして成長は頭打ちになってしまいます。組織である以上、協調も必要ですので、「引きずり回す」というよりは、率先垂範で「引っ張り続けろ」という方が個人的には好きです。


7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

毎日、その日一日を頑張るのも悪くはありませんが、月間計画、四半期計画、年間計画など、長期的なビジョンが明確な人ほど結果がいい傾向があります。

アポ→デモ、アポ→デモの繰り返しになっていませんか!?考えれば、営業の仕事でも工夫のしようはいくらでもあります。


8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

当ブログで前にも書いたことがありますが、私から契約してくれた企業の社長へのアンケートで、「契約した理由は何ですか?」の問いに対し、「営業マンが自信満々だったから」という理由が多かったです。

営業マンは「自信」や「迫力」があるだけで、大きな武器になります。


9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

営業は「肉体労働」みたいに思っている人も多いと思いますが、私は「頭にも汗をかく営業」を心がけてきました。

また、この9が出来る営業マンって、「仕事の出来るオーラ」みたいなものが出るんですよね!


10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

営業マン同士もそうですが、現場の営業と社内のセクションで衝突が起きる時があります。そういう時は、とにかく腹を割って話すことです。

ちゃんと向き合えば解決できることを、向き合う事を避け続けたばっかりに取り返しのつかない状況になる事がほとんどですので。

ぶつかること自体は悪くはありません。本気で仕事に取り組んでいる証拠ですからね。



この電通の鬼十則は昔から好きなので、そんなに長くならない程度に営業マン目線の見解を書いてみました。

あなたには、あなたの見解があると思いますので、「鬼十則っていい事書いてかるよなぁ~」で終わるのではなく、咀嚼して自分の今の仕事に役立つ情報にしてください。


以上、営業マン白井でした。





スポンサードリンク
スポンサードリンク



LINEで送る
Pocket


コメントを残す

note 始めました

営業の疑問・質問・悩みの相談が無料です
サブコンテンツ

このページの先頭へ